技術メモ カテゴリー

web系技術メモ

続 恐るべしVista

[技術メモ] 2008年6月14日(土曜日) 2:31

いよいよ、新環境でお仕事開始…1分で早速つまずきました(ノ∀`)

フラッシュの表示で警告が出る

ローカルファイルの鬼門
ローカルファイルのセキュリティの方が、インターネット上のファイルより厳しいなんて(ノ∀`)
1時間ほどググりましたが、まったく解決できず。グループポリシーエディタとやらをじっくり眺めてもやっぱり不明。
インターネットオプションにマイコンピュータを表示させてそれでゴニョゴニョするおまじないも失敗。
とりあえず、仕事を先にせねばならなかったのでその場は保留。

インターネットオプションの詳細設定でした

結局は、そんなところにありました。
インターネットオプション
解決!?できて良かった(・∀・)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

恐るべしVista

[技術メモ] 2008年6月13日(金曜日) 16:43

巷での評判が芳しくないVista。今日から私のメインOSとなりました。
やっぱり、Vistaは制作物の確認時にちょこっと使う程度がよかったかも(ノ∀`)細かいところで手ごわいです。

IE7がいつの間にか激不安定

XPでは稀に死にプロセスが残ったりリークしたりこそするものの、そこそこ安定していたのですが…Vistaではもう全然駄目。

  • 特定ページをタブを開くだけでもう死ぬ
  • アドレスバーからデスクトップにURLをドロップしても空ファイルになる
  • ダウンロードできない
  • flashもインストールできない

いくらなんでもこれはアリエナイwwwまたハードが悪いのか!?とガクガクブルブルしながら作業。
XPでは効果テキメンだったアドオンの整理。いろいろ止めまくってみたものの全く効果なし(愕然)結局、

  • 「セキュリティ」をゆるくすることでダウンロードもできるようになりました\(^o^)/
  • 「保護モード」を無効にすることでIEフリーズもなくなりました\(^o^)/

俺も保護してくれよー\(^o^)/

関連付けも難しい

具体的にはVNCViewer(他のPCの画面を見たりするツール)なのですが、設定ファイルをダブルクリックしたら、対象PCの画面が表示される…のが一般的です。拡張子vncの設定ファイルをvncviewer.exeに関連付けるだけの簡単作業。
いえ、操作自体はVistaも難しくはないのです。しかし、
RealVNC(VNCの一種)だと、ドロップはできても関連付けでは蹴られます。レジストリで強引に指定しても失敗。
UltraVNC(これもVNCの一種)だと、書式?が違う!みたいなダイアログが出てやはり駄目。
試行錯誤の結果、UltraVNCをインストールする際にチェックボックスをピコっと入れることで解決。よくよく考えてみれば、Vistaのせいではなさそうなのですが「関連付けを蹴られる」と言うのは衝撃でした。

前途多難です(ノ∀`)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

復旧後

[技術メモ] 2008年6月12日(木曜日) 1:11

復旧成功

昨日絶不調に陥ったPCも何とか復旧成功。作業環境もほとんどそのまま残りました。
結果的にはHDD以外のほとんどを交換しましたので、また即不調になるとも考えにくいのですが、本心では一旦大きなアヤの付いたシステムではやはり落ち着けません。
昨晩立てた予定の通り、朝一(とは言え開店は11時)で近所のパソコン屋さんに飛び込み、即納PCを買いましたので、大人しく予備環境に格下げです。

悩ましい新環境

復旧成功とは言え、今まさに不安定になる可能性もなくはありません。
かと言って、電気街まで直接買いに行く気合も無く、通販に掛ける時間も惜しい状況ですので「即納」のPCを選択。

  • 微妙に型落ちのマザー
  • 2枚挿しとは言え4GB
  • XP HOME
  • あまり評判のよろしくない起動HDD

現在余っているOSはVista Businessなんとか32bit版とXP 64bit版。
さて、どうしようかなぁ……

とりあえずOSを決めねば

Vista 64bit版にしようかな

先月の心中では、8GB積んでVISTA 64bit版でした。
それには4GBのメモリとアップグレードのライセンスが必要で、しめて+3万円と+1週間くらいでしょうか。
旧環境が復旧成功したので、1週間くらいは大丈夫な気もしなくはありませんが、即納を買った意味が薄らいでいるような気もします。

Vista 32bit版なら

余っているライセンスがあるので追加投資は不要。
しかし、3Gちょいの環境ならXPのが快適そうですよねぇ……

XP HOME

とは言え、XPはHOMEか、64bit版(笑) XP64bitは考えたくないので、HOMEと成りますが、HOMEで大丈夫か!?
IISのテストもできないし、奇妙な制限に苦しむ未来が見える気がしてきました。

XP Professional

そういえば、Vista Bussiness を XP Pro にダウングレードする手もありました。
しかしこれでは、確認環境用にVistaを買い足す必要が(ノ∀`)

とりあえず、Vista 32bit版にしてみます

近頃はGavotte Ramdiskな技もありましたっけ!
とりあえず今日はVista 32bitのつもりで眠りるとします。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

PCトラブル

[技術メモ] 2008年6月11日(水曜日) 4:04

そろそろ作業機を新調しようかなとなどと考えており、結論としてはとりあえずメモリだけ追加して、半年後に再考することにしました…ああ、メモリの追加でドツボにハマろうとは…

メモリを4枚刺し

とりあえず、軽い気持ちで既存の2枚+追加2枚の4GBにし、起動。
おおーwindows立ち上がるじゃん!むむ、ボロボロとエラーが出ます。
やはり、緩めの設定にする必要がありそうです。ここまでは覚悟してました。ええ。

145エラー 21aエラー

ブルーバックを何度か経ている間に、c000021aエラーでまともに動かなくなってしまいました。
ええ、真っ青ですとも(ノД`)

セーフモードさえ起動しなくなる

なんとセーフモードも駄目。むむむ…メモリごときで…
多少ジタバタするも、修復インストールへの道を選びました。

残り34分

インストールって結構時間かかるんですねぇ…あと34分かぁ…
5分後。インストールって結構時間かかるんですねぇ…あと34分かぁ…
10分後。インストールって結構時間かかるんですねぇ…あと34分かぁ…
ハードウェアの認識に問題があると34分で止まるらしいです(ノД`)

再びSP3インストール

修復インストールに使ったディスクがSP2用(・∀・)
まぁ、またSP3を当てればいいだけですよね。ええ、そのはず…
再びブルーバックに。145→21a

セーフモードは生きていた

いい加減なメモリで起動してしまった報いなのでしょうか…
とりあえず、セーフモードでの起動は可能でした。
スタートアップから色々削除…駄目
アンチウイルスを削除…駄目
余計なサービスを全部手動に…駄目
使っていないハードのデバイスドライバを停止…!
やっとwindowsが起動。いざSP3!!
STOP:0x000000F4 新手のブルーバックが(ノД`)

修復コンソール

ntfs.sysがこわれています~で起動せず。
メッセージに従い、修復コンソールを使い、CDからntfs.sysをコピー。
てか、これってファイルシステムのファイルですよね(ノД`)大丈夫なんでしょうか
駄目でした。
おなじみの21a ブルーバックに。

どうも、ハードが悪いっぽい

もう、メモリも壊れちゃったのですかねぇ(ノД`)確かにmemtest86+でも赤い文字が…
とりあえず、メモリはゆるゆる設定の2枚刺しにしているので、HDDを疑う。

起動HDDが犯人?!

余っていた古いHDDに暫定的にXPを入れ起動実験。
普通に起動(ノД`)起動HDDが死んでたのかー
こんなこともあろうかと、死んだそのHDDと同型のHDDがもうひとつあるのです。データ用として使っていましたが…
なので、そのデータを他のHDDに移動せねば。
あれれ?こっちのHDDも駄目ですか!?まぁ、どうでも良いエロデータしか入ってませんでしたので惜しくはないのですが、しかしデータHDDまで一緒に壊れるのはちょっとおかしい。
そんなこんなしているうちに、暫定起動HDDでも起動しなくなってしまいました。絶望。

マザー交換

実は、前から稀に突然起動しなくなったりしていました。3ヶ月に1度くらい。
マザーに接触の怪しいオーディオユニットがついており、それを疑っていたため、似たような予備を用意しておりました。
早速換装。おおー起動するじゃん!!しかし押し寄せる難敵は途切れることなく…
デュアルCPUをうまく認識しない
BIOSが古いのですね。ここまでくると怖いものなしです。この不安定なwindows上からBIOS更新。
予想に反して(笑)成功。BIOSレベルでもデュアルを認識しました…しかし、その再起動で…

電話アクティベーション

そりゃ、マザーが変わりましたもんねぇ。同系の板とはいえ、まったく同じではありませんし…
電話アクティベーションしないとログインさせないよ状態に。
ええ、打ちますよ打ちますとも。数字くらい打ちますよ、ええ。
たっぷり打ちました。
そして再び21a
エエエー(‘д’)ーエエエ

電源ですかねぇ?

ピュン!と突然シャットダウンしました。確実に悪化しています。
電源かCPUかビデオくらいしか残ってません。
電源トラブルは厄介だと聞いたことがあります(ノД`)
電源もビデオカードも予備はありません。
ん?CPUの予備は有るなぁ…

とりあえずCPUを交換

やれることはやっておかねば。HDDも最初の起動HDD1台のみに。電源の負担が軽いからか、CPUが壊れていたのか不明ですが、途中SP3+IE6という不思議?な環境も経て、順調にwindows updateは完走しました。

安定気味

電源の怪しさも払拭されていませんので、まったく安心はできませんが、ブルーバックは出なくなりました。
出ないでください(;´д⊂)
なぜかビデオドライバがすんなり入らず四苦八苦中。

明日は、PCを買いに行きます(ノД`)

コメントは受け付けていません。

以前、ブログインターフェイスの違和感が分かったに書いた「単体記事から、前後数件のリストに飛べない」と言う問題についての考察。
next_post_link こそあるのですが、

  1. 前後1件のみ
  2. 子カテゴリを反映しない
  3. 複数カテゴリを持つ記事の扱いが荒っぽい

等々、イマイチ、イマ3です。しかし、記事のカテゴリ情報に順位付けが無い(本当はあったりしますか?)事もあり、2や3の実装に関しては論理的にできないとも。まずは、理想形を考える必要がありそうです。

飛びたいリストは

単体記事のページからジャンプしたくなる、その記事が含まれたリストは、

  • 単純時系列リスト
  • 同カテゴリの時系列リスト(子カテゴリ含む・含まない)
  • 人気や評価順リスト
  • 同タグの時系列リスト
  • それらに内容なども加え複合的に解析・分析した順

こんな感じでしょうか。

単体記事ページ内にもリストを表示したい

リストから記事に来た場合でも、いちいち別タブ・別窓を使ったり、バックボタンでリストにもどったりするのは億劫です。
単体記事ページの一部がリストになっていれば最高です。
ここで「上記のどのリストを表示するか」と言う問題があります。

リストページからたどり着いた場合

時系列アーカイブなりブログ内検索結果なりのリストページが先にあり、そこから単体記事ページに飛んできた場合。
少なくともデフォルト表示はそのリストであるべきでしょう。
記事が複数のカテゴリを持っている場合なども踏まえると「直前のリストページ」の情報を継承する必要がありそうです。

ポンと単体記事ページへたどり着いた場合

googleや他ブログからのリンク、ブックマークなどから、リストを経ずに直接、単体記事ページにたどり着く事も想像に難くありません。これらの場合、継承すべき直前のリストページが存在しない事になります。
まぁ、デフォルトは、ブログの性質にもよりますが、単純時系列か同カテゴリのリストで良さそう。

リストを切り替えたい

どんなたどり着き方をしたにせよ、例えば、単純時系列から、同カテゴリの記事リストのみに絞りたいなど、他のリストに切り替えたくもなるでしょう。よって、

  • この記事を含む時系列記事リストへ
  • この記事を含む同カテゴリ時系列の記事リストへ

のようなリンクも必要でしょう。
もっとも、これらを妙に増やしすぎても直感的でありませんので、
リストへ飛ぶ
精々こんな感じでしょうか。シンプルにするなら「時系列」に絞り、リッチにするなら件数指定等々…

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

BOMにハマる2

[技術メモ] 2008年6月7日(土曜日) 22:06

BOMにハマるのその後。

TExchange

複数行置換ソフトTExchangeはその後も快調で、UTF-8の文字化けもまだありません。
ただし、仕様上BOMが付いてしまいますので、それを取らねば…

KanjiTranslator

BOMを取るために導入したKanjiTranslator。分かりやすく使いやすいGUIで快調でしたが、置換結果を示す文字列に、
「このテキストはUTF-8ですが、変換できない文字があります」と表示されているのを発見。BOMのみならず文字コードや改行コードも変えてくれるツールなので、奇妙な文字列が入っていると当然、BOMもとってくれません。
ツール自体は、悪いデータを指摘してくれるすばらしいものです。問題は、どの文字に問題があるのかがなかなか分からない事(ノД`)
他のエディタでは引っかからない場合も少なくありませんので、ひょっとすると、Unicodeの奇々怪々な仕様に由来する部分なのかもしれません(未確認)。

non-BOM

と言うわけで、BOMだけ取るnon-BOMを導入する事にしました。Sendtoのディレクトリに入れ「右クリックの送る」でフォルダまるごと処理。
問題があるとされてKanjiTranslatorでスキップされてしまうファイルのBOMもサッパリと外してくれます。

しばらくは、TExchange+non-BOM で行ってみよう(・∀・)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

白に気を付けろ

[技術メモ] 2008年5月26日(月曜日) 14:53

HTMLコーディングの罠は白にもあります。今度は、モニタ特性上の罠ではなく、windows設定上の罠。

ブラウザのデフォルト背景色は白ではない

大抵は白なのですが、ブラウザのデフォルト背景色は白ではなく、windowsで「ウィンドウの色」として設定されている色なんです。
windows設定画面
yahoo Japanなどはその色を尊重して、わざと色をつけていないようなのですが、それでも、あれ?と思う部分は少なくありません。
yahooのあれれ

ミスを未然に防ぐ為にも

ミスを視認できるように「ウィンドウの色」をついつい白以外にしてしまうのはHTMLコーダの性でしょうか(ノ∀`)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

黒に気を付けろ

[技術メモ] 2008年5月25日(日曜日) 21:24

近頃、PCモニタの主流、いやほとんど全ては液晶となりました。TN、VA、IPS、さまざまなタイプのものがあり、また技術進歩も早いようです。そのような中、私のPCモニタは…なお話。

一般的な環境を知っている事

制作側としては、少なからず一般に比し強力な環境が必要となります。私の場合「デュアルモニタ」は譲れません。
しかし同時に、制作者にとって「一般的な環境」を体感で知っている事は、何気に大切なセンスの一つと感じています。あまり「ズパ抜けた環境」ではサイトのインターフェイス感覚も狂ってしまいそうですし。とは言え、近頃では一般の方でもHD環境(横1920ドット)の方が多く、モニタサイズに関しては以前ほどの差はなくなって来ているかもしれません。

液晶の落とし穴

ウェブサイト制作的な、最大の落とし穴はやはり「黒際」ではないでしょうか。
グラデーションサンプル
この画像、
黒は#222222~#000000
白は#dddddd~#ffffff
のグラデーションです。本当です(・ω・)
白の分かりやすさに比べ、黒の判別はなんと難しい事か。流石にグラデーションですと分かりにくいので、それぞれ単色のも用意してみました。
monitor checker
私の場合、デフォルトのモニタ設定ですと、非常に目が疲れてしまいますので、コントラストも光度も下げて使っています。
しかし下げすぎると、全然ダメダメに。最低限?上記の黒の差に「気付ける」程度を基準にしています。

小さな差が大きな差

液晶ですと確かに微妙な差です。ほとんどが液晶モニタの昨今、気にする必要もあまり無いのかもしれません。
しかしこれ、ブラウン管で見ると、本当に全然違う色なのです。それはもう、くっきりはっきりと明確に違う\(^o^)/
技術進歩に伴いPCモニタの性能も底上げされ、これらの違いが再びクッキリと表れる日が訪れるのも、そう遠くはないでしょう。

ブラウン管と液晶が入り乱れた時期には、結構気を使っていましたが、最近気が抜けてるかも(ノ∀`) 自戒せねば

コメントは受け付けていません。