技術メモ カテゴリー

web系技術メモ

最近は、一癖あるCMSでもWordPressを第1候補に考えるようになりました。
人口の多いプラットホームは納品後も安心ですよね。

2011年。
そんな一癖に、ピッタリ対応できたプラグインはこれらでした。
決まった予算の中、無理なく機能を盛り込めたのは、これら優良プラグインのお陰です。
感謝感謝。

多言語対応

qtranslate

ビックリアクロバティックな奇跡の実装。
  (内部的にはタイトルや本文などのテキスト部を、
  <!–:ja–>日本語部<!–:–><!–:en–>英語部<!–:–><!–:zh–>中国語部<!–:–>
  の様に独自ルールの区切りでねじ込む)
制作や投稿においては、実装とは真逆で至って堅実でした。
専用タグも直感的で学習コストは低かったです。
また、一部言語しかない記事の表示のような細部への配慮も行き届き、
無料とは思えないできばえ。
また多言語対応CMSの仕事があったら、これを優先すると思います。

カート

Welcart

素の無料状態でも、レンタルサーバのカートプラン以上の機能がありました。
決済や配送関係なども、しっかり使えるレベル。

また、開発元がホスティングも提供しています。
私はプラグインしか使っていないので、試していないのですが、
独自ドメインの専用SSL付きレンタルサーバとして、
2,800円/月(2011/12/27現在)という価格はかなり魅力的ですね。

PayPal

Easy PayPal Custom Fields

サラッとしたPayPalボタンを設置するなら、このプラグインが楽でした。
記事ごとに異なる製品・価格のボタンを付けたい場合に便利かな。

Litteraly WordPress

PayPalでダウンロード販売専用プラグイン。
ありそうでなかなか無いのですよねぇ。
0.8.8はしっかり動きました。
PayPalのサンドボックスにもしっかり対応していました。

コメントは受け付けていません。

ローカルネットワーク上のサブドメイン運用WordPressを確認したい場合、
確認機のhostsをいじると楽。
※確認機が多い場合は素直に別途確認サーバを立てた方が楽

作業機(192.168.0.100)上に、
サブドメインでWordPress環境を構築(http://cms.localhost/)
している場合、

ローカルネットワーク上の確認機(192.168.0.101)から
それをブラウズするには、
確認機の hosts に、
192.168.0.100 cms.localhost
を加えると見られる。

案件毎にサブドメインを変えて稼働させている場合などに重宝。

まとめ

作業機「192.168.0.100」
WordPress「http://cms.localhost/」

確認機「192.168.0.101」
hosts「192.168.0.100 cms.localhost」

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

StartSSLを試してみた

[技術メモ] 2011年5月30日(月曜日) 16:09

無料SSLのStartSSLを試してみました。

パソコンのブラウザは概ねデフォルト対応

PCではIE,Firefox,Chrome,Opera,Safari では
デフォルトでルート証明書が入っている様で問題なく動作。
ただし、Firefoxではサーバ側の設定がしっかりしていないと弾かれてしまいました。

iPhoneはまだ

iPhoneでは、デフォルトでルート証明書が入っていない様で、
鍵マークが消えてしまいますorz
追記
いつの間にか、iPhoneでも鍵マークが消えなくなってました(・ω・)原因不明

管理画面の認証が電子証明書

StartSSL管理画面へのログインはパスワードではなく、電子証明書で行われます。
共用PC等から作業する場合は要注意。

恥ずかしながら、私、今回の作業で1度証明書をなくし、
2つアカウントを作るなど諸々ジタバタしてしまったのですが、
StartSSLの担当者が直接メールでサポートして下さり、無事に完走。
無料なのに、速やかで柔軟な対応を戴きました。
ありがとう StartSSL!

パソコン向けサイトなら充分かも

セキュリティを売りにする必要がないパソコン向けのサイトであれば、
StartSSLで充分かもしれません。

コメントは受け付けていません。

※追記
下記、うちのIE9がファイナル版でなかったようで、アップデート後は落ちなくなりました。
アップデート後のバージョンはIE9 (9.0.8112.16421)

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html>
<head>
<style type="text/css">
div:after{
content: ".";
display: block;
visibility: hidden;
}
</style>
</head>
<body>
<div>a</div>
</body>
</html>
  1. このテスト用HTMLコードをIE9で開く
  2. 「ctrl+F」 でページ内検索の準備
  3. 「a」を入力し「Enter」

で、上記画像の様に落ちます(ノ∀`)

windows7 x64 上の IE9 (9.0.8080.16413)
正式配布直後の IE9 から発現してました。
長くもなく、javascriptも使ってないのですが……

なお、同様の現象は、某有名Twitterまとめマッシュアップなどで散見されますが、
巷ではほとんど聞かない問題なので、マイナーな環境でしか起きないものかもしれません。

コメントは受け付けていません。

↓この数字です

Strawberry Linux のUSBガイガーカウンタ が手に入ったので作ってみました。
さいたま市の作業部屋、直近5分間のCPM(1分当たり何回ピコピコ鳴ったか)を示します。

自然状態と変わらない数値の為、
ぶっちゃけモニタリングとしての価値はほとんどありません(ノ∀`)

開発メモ

開発環境

VB.net
購入したUSBガイガーカウンタキットに、dll と vb6のソースが付属していました。
最新の Visual Basic 2010 Express(無料)では、プロジェクトファイルが読めなかった為、
一旦、Visual Basic 2008 Express Edition もインストール。
2008が、プロジェクトファイルを変換してくれます。
その変換後のプロジェクトを更に、2010で最新版に変換し、2010で作業しました。

Twitter関連

VBからTwitterをするなら、TwitterVB が便利なようです。

Twitterのアプリ登録でハマった点は、
1)「Default Access type:」 で 「Read & Write」 が選べなかった事。
登録時は何故か「Read-only 」に。
http://twitter.com/oauth_clients からの変更も反映されませんでした。
https://dev.twitter.com/apps からだと何故か変更可能でした。
謎。
2)TwitterVBでOAuth_Tokenの取得に失敗した事。
ValidatePIN が何度やってもfalse。
https://dev.twitter.com/apps の 「My Access Token」 から手動で取得出来ました(ノ∀`)

追記
その後、画像のアップロードで微妙に調子が悪くなる為、
普通のbot に切り替えました。
詳細なデータはGEIGERMAP様の方にアップ。
GEIGERMAP素敵です。
ありがとうTwitterVB、ありがとうGEIGERMAP!

コメントは受け付けていません。

鉄板なjQuery に続き、jQuery Mobile も主流になりそうな雰囲気の、
スマートフォン用フレームワーク
jQuery Mobile をいじってみました。

習作

ニュースチェッカーを作ってみました。
スマホ用ですが、FireFox4やChrome等、
いわゆるモダンブラウザでも動きます(除くIE9)。

内容はGoogleニュースなどのフィードを読んで表示するだけ(ノ∀`)
なお、php側で5分キャッシュをしています。

留意点

制作中に気がついた留意点をメモ。

相対リンクに気をつける

例えば、
href=”./test.html” ではなく、
href=”test.html” と記述する方が無難です。

jQuery Mobile がページ遷移をAJAX化する過程で、
前者ですと、サイトをうろうろしているうちに、

http://test.example.com/index.php#./././././././yahoo.php

等となってしまいます。後者なら、

http://test.example.com/index.php#yahoo.php

自前javascriptに気をつける

jQuery Mobile 自体がAJAXを多用する為か(切る事もできる)
自前でAJAX等を追加すると、
自前javascriptによる出力部にフレームワークが適用されませんでした。
なんか良い方法もあるに違いなのですが見つけられず\(^o^)/

案外もっさり

まだアルファ版という事もあり、
他の類似フレームワークと比べると、もっさり感は否めません。
とは言え、数多のスマホに合わせる労力を考えると、
守備範囲の広い jQuery Mobile への期待は止まりません。

コメントは受け付けていません。

※追記
コメントで教えて頂きました。ありがとうございます。
シフトを押しながらドラッグ&ドロップで普通のショートカットが作れます。
http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/internetexplorerja/thread/b21c6f90-3a94-4633-8535-fbbc2d72a87f

IE9 で作るショートカットはナンカ違う

私はよく、重要なサイトのショートカットをデスクトップに置きます。
ところがこれ、IE9を使っていると、なんか手触りが違うのです。
ショートカットを作る時も、
作ったショートカットを使うときも。

どうやら、サイトの固定という新機能に由来するモノのようです。

つまり、2種類あるのですね。

インターネット ショートカット

ご存知、従来のショートカット。
ブラウザが開き、そのサイトが表示されます。

固定サイト ショートカット

新しいショートカット。
ブラウザが開き、そのサイトが表示されます……が、なにやら

アイコンが大きく表示されていたり、
ツールバー回りが省略されていたり、
ついでに、タスクバーに埋め込めたりもするらしいです。

この機能はどうやら、ウェブアプリを支援する方向のデザインなのですね。
まだその流儀に慣れていないからか、違和感が辛いです(ノ∀`)

IE9で従来のインターネット ショートカットを作る

アドレスバーからのドラッグアンドドロップですと、
新型ショートカットになってしまいます。

従来のショートカットを作る方法は、色々ありそうですが……
私が落ち着いたのは、
一旦お気に入りに入れ、デスクトップにドラッグアンドドロップ
する方法です。

お気に入りバーを表示している場合は特に簡単で、

☆マークを押し、右にできた項目をデスクトップにドラッグアンドドロップ。
「移動」してくれる為、お気に入りバーに痕跡も残りません。

Comments (2)

facebook、どうも直感で操作すると結構食い違います \(^o^)/ 慣れなんでしょうね。
以下は「ホーム」と「プロフィール」が別れている理由がよく分からないレベルからの視点です。

「いいね!」の感覚

「いいね!」は気軽に押して良い様です。
ただ、押した先によっては、若干違った仕組みに当ります。
「facebookページ」に対して「いいね!」をすると、
そのページの更新情報などのアクティビティ!?が自分のニュースフィードに表示されるのです。
最初は、えっ!そんなに仲良くなるつもりで「いいね!」を押したんじゃないのに……
などと戸惑いましたが、
ニュースフィードの非表示も「いいね!」の取り消しも簡単にできますし、
何より、それがニュースフィードという便利機能なので、
「いいね!」は割と気軽に押して良い様です。

×ボタンの感覚

必ず確認が出ますので、気軽に押しても良い様です。

押したら取り返しが付かなくなりそうで、躊躇してしまう×ボタン。
これ、同じ「×」でも、場合によって機能が変わります。
友人のアクティビティの場合は、上記画像の様にプルダウンだったりも。
これは押さなきゃ分かりません。
しかし、気軽に押せるのがfacebook流でしょうか。
iPhoneなどでは確認無しで進む事もままあり怖い思いもしますが、
facebook では、この手のボタンでは最終確認が必ず入りますので安心です。

公開範囲の感覚

すべてのユーザー

公開範囲が「すべてのユーザー」のものは、
facebook にログインしていない状態でも万人に公開されます。
ユーザーって facebook のユーザーじゃないのかよ(・ω・)
まぁ、無料サービスですし、
利用者かどうかで分ける事に本質的な意味はないので、
これはこれで、なんとなく分からなくもないです。

アルバム

要注意。
プライバシー設定で、公開範囲を絞っていても、

パーマリンクからのアクセスは制限を受けません。
これ、この記事を書いている時点では「友達のみ」に設定しているのですが、
「Facebookを利用していない人も下のURLからこのアルバムを見ることができます」
と書いてあるとおり見えるんです(ノ∀`)
偶然で当る事はまず無いURLなのですが、
プライバシー設定しているからと油断して、
大勢が目にする資料で「関係者はここからご覧下さい」などとやってしまうと大変な事に。

この場合「ノート」を使ってそちらにアップロードするのが良い様です。

facebookページ

「facebookページ」には公開範囲という概念がなく全公開が基本の様です。
なお、全体にする「年齢制限」は可能。その場合、ログインしないと表示されなくなります。

法人利用にも向いたfacebookページは、企業利用の主体になるのだろうと考えていたのですが、
「facebookページ」には公開範囲の概念自体が通常アカウントとは違いました。

facebookは、法人格では顧客とクローズドなコミュニケーションが取れない!?\(^o^)/
担当者アカウントでやるにしても、変わりますよねぇ……
逆に、家内制手工業的な企業にとっては、武器になるのかもしれません。

コメントは受け付けていません。