日常 カテゴリー

生活全般

キーボードの角度

[日常] 2008年5月24日(土曜日) 22:00

仕事上最も使用するインターフェイスが、PCのキーボードだと言う方は少なくないでしょう。当然のように、私もそうです。
皆様、キーボートには、色々な「こだわり」があるのではないでしょうか。

キータッチ

人によっては、チェリーの何色だとか、静電容量無接点方式だとか、色々あるようです。私の場合、キータイプが遅い事もあり「違いの判る」レベルまで到達しておりません(ノ∀`) メンブレンの安い千円キーボードでも平気だったりします。

角度

机の上に手首をぴったりと付けると、親指が下に来る分なのでしょうか、手の甲は手前に上がります。その際の角度に合わせているのでしょうね。大抵のキーボードは奥が上げられるように作られています。
私は、あの角度がどうも苦手。奥を上げれば、確かにキーは「近い」と感じるのですが、無意識に?手の甲を引き上げているようで、時間が経つとその筋が疲れてしまうのです。

手前を上げる

ここ8年程は、べったりと置くか逆に「手前を高くする」=「奥を低くする」のが好み。段差はパームレストでカバーし手首を脱力できる配置です。
ファンクションキーは特に「遠く」感じますが、私には合っている様で、近頃は腕や指に限界を感じた事はありません。
もっとも、

  • 実は単純に丈夫
  • キータイプが極めて遅い
  • つか、仕事しろ\(^o^)/

なのかもしれません。特に、キータイプの遅さは、対腱鞘炎にもっとも効いているような気もします。お疲れの方はお試し下さいませ。

コメントは受け付けていません。

育児の話です。
妻の懐妊から出産までの間に、大体の覚悟はしたつもりでしたし今もしています。何がどうあってどうなろうと、その辺は受け止める。人様に深く聞いたことはありませんが、おそらく、世の中ほとんどの親御さんがそうなのではないかなと感じます。

成長が遅いなガハハ

どうも、成長が遅いです。私自身、運動神経が鈍いので、我が子よお前もかガハハなどとマッタリしておりました。
しかし、これ、親としての精神衛生的な部分こそ、健全なのかもしれませんが「受け止める」と言うのとはまたチョット違うのかなと。

受け入れるだけでは

当然、受け入れる入れないと言う選択肢は存在さえしません。「受け入れる」一択です。それが覚悟です。しかし「来た球を打つ」だけで良いのでしょうか。ええ、もっとできることがあり、それをすべきなんですね。

現状を正しく理解する

  • 受けられる検査はできるだけ受ける
  • 可能性を把握して、できる事を知っておく
  • できることをする

覚悟は当然大切なのですが、それだけでは意味が無い。リスクを受け入れる覚悟だけでは、結果は変わりません。
与えられたカードで勝負するにも、まずはカードを正確に把握する必要があるんですね。全く当然の事です。

いやはや、成長させられます。

コメントは受け付けていません。

近頃、まだ歩けもしない我が家の乳児が、抱っこしてくれ、あちらへ進んでくれと指図します。
そのような中、希望が多いのが「仕事部屋」。キーボードを叩き、目薬やスティック糊を投げ、書類もポイポイ。

理由は何?

それなりに楽しそうですが、珍しいものが特に多いとも思えないこの部屋、このつまらない部屋に来たがる理由はなんなのでしょう。

  • 単純に過ごす時間が短い部屋
  • 他の部屋より明らかに雑然とした部屋
  • 父親が入り浸る秘密の部屋

なるほど、改めて考えてみると確かに引力がありそうです。

どうしましょう

さて、この引力をどう使いましょうか。

方向1:部屋に来ない様に

危ないものも無くはありませんし、ケーブルを抜かれても困ります。また、仕事中に居られると目も届きにくくなり、何かと大変そう。とは言え、来るなと言われる程に行きたくなるのが性ですし、最悪、トラウマを作ってしまっては元も子もありません。

方向2:働く事は楽しい事と言う意識を

仕事部屋は楽しい部屋。仕事は楽しい事。働く事、勉強する事は楽しい事。そんな感覚を持たせる事が出来ればそれは一つの理想形です。でも…楽しい「スティック糊」で釣るのはなんか違いますよね(ノ∀`)

結局

グチは最低限にし「仕事は楽しいんだぜベイベー」な雰囲気作りに勤しもうかと思いました。

コメントは受け付けていません。

32ビット環境がなにやら熱い

先週だったらノータイムで64ビット環境だったのですが…近頃32ビット環境がとんでもない事になっている模様。
Gavotte Ramdisk まとめWIKI
なんやてー ( Д )  ゚  ゚
ざっくり言うなら、こんな感じです。

3年前の常識

  • 64ビット環境だとまともにソフト環境が揃わない

チョット前の常識

  • 32ビット環境では最大メモリ3GBちょっとしか使えない
  • 64ビット環境でもそこそこソフト環境が整ってきた

近頃の常識

  • 32ビット環境でもOS管理外のメモリを使える(゜Д゜)

※ハードが対応していれば

新調するなら

まてまて。新調するならやっぱり64ビット環境で良さそうですね。
新調前に今のXP機のメモリを増やしてみようかな(・∀・)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

HDDについての想像

[日常] 2008年5月15日(木曜日) 10:55

プラッタ数は少ない方が偉い?

曖昧な記憶では

  • プラッタ(HDD内の板)数が少ない方が偉い
  • プラッタの容量が多い方が偉い
  • 回転数が多いほうが早い

「プラッタ(HDD内の板)数が少ない方が偉い」特にこれは本当なのか。確かに、メカとしてはシンプルな分、壊れにくく優秀でしょう。
先ずは、あえて想像。ググらず、想像(笑)してみる。答え合わせは後日かな。

考えてみる

プラッタが多いほうが、ヘッドも多くなるんだから、同時に読み出せて速くなるんじゃないか?

プラッタが多い=同時に使えるヘッド数が多い?

もし複数ヘッドを「同時に使う」技術が有るのなら、プラッタ単位のストライピングで速くなるはず。まてまて、

プラッタが少ない=ディスク密度が高い

密度が「CDで言う穴の間隔」なら(「レコードで言う線の間隔」ではなく)単純に1ヘッドの読み書き量が上がる可能性も。

プラッタ単位のストライピングがあるのなら、同じプラッタを使用したHDDなら、プラッタが多いモデル=容量が多いモデルのが、明らかに速い事になる。そんな話は聞いたことがない。どうも、プラッタ数が読み書き性能に大きな影響を与えているとは思えない。

プラッタ単位のストライピング技術は使用されていないのだろう

あっても、プラッタ数に依存しない類。例えば、同プラッタの表裏程度か。HDD個体単位でのストライピング(RAID0)を見るに、そんなに複雑なコントローラが必要とも思えない。

同時に使えるヘッドは1つなのか!?

ひょっとすると、メカ的に同時に使えるヘッドが1つなのかもしれない。精々プラッタ数に依存しない表裏2個程度か。

大化けできる?

となると、ひょっとするとHDDはまだ大化けするかもしれません。いやいや、世の中そんなに簡単ではないでしょうが。

Comments (1)

ページトップへ

ヒトゴミでの意識モード

[日常] 2008年5月11日(日曜日) 21:21

基本的に、ヒトゴミは苦手です。精神がギリギリと磨り減るようです。
しかし、よくよく意識していると、どうやら苦手ではないヒトゴミもあり。

苦手なヒトゴミと大丈夫なヒトゴミ

苦手なヒトゴミ

  • スーパーマーケット
  • 改札

苦手ではないヒトゴミ

  • 映画館
  • 電車の車内

ただ人口密度が高いだけの所は全く大丈夫で、各人が意識的に動いている所が苦手なのかな。

意識のモード

スーパーなどでは、行きたい方向に行けないもどかしさにブリブリきます。「我」同士が当たる場所とでも言いましょうか。

譲りまくりモード

我ながら、急いでいないなら譲りまくれば良いじゃないですかねぇ。確かに、自身が譲りまくりモードの場合はあまり磨り減らないかもしれません。仙人モード。

とても急いでいるモード

逆に、最も楽なのは、自身が「とても」急いでいるモード。エイエイエイとヒトゴミを掻き分けて進めます。迷惑を掛けている場合も多そうですが、それを感じていない分、疲れません。おばちゃんモードですかね。

何故か急いでいるモード

最も多いのは「何故か」急いでいるモード。「行きたい」と思いながらもなかなか行けないもどかしさに苛まれ、ガンガン磨り減ります。ムキムキきます。でもこれって、客観的にみると、大抵は、急ぐ必要なんてないんですよね。変わり際の赤色信号に飛び込むようなもので、リスクと利益が釣り合っていない状態。無根拠、無意識に半端な動機があるから磨り減ってしまう何とも損な状態。無駄に磨り減るハンクラモード。

各モードの比率は1:1:8くらいでしょうか…スーパーは平日昼が最高(・∀・)

もうちょっと自覚すべきか

心に余裕が無い(自爆)のは薄々自覚しておりますが、無駄に磨り減るハンクラモードの時には深呼吸でもして譲るか行くかを意識すべきなのかもしれません。あとは、華麗な「受け流し」を体得するか…。
受け流しに関しては今だキッカケさえ意識できません\(^o^)/

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

HDDが熱いじゃん(・ω・)

[日常] 2008年5月6日(火曜日) 14:57

Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する
へぇぇぇぇぇ~~~といっても、

ただし、ハードディスクの温度が50度を超えるような環境であれば、故障率は如実に上昇しています。これはハードディスクのメーカーも推奨していない温度なのでさすがに当然か。

ですよねぇ~。当然、常識の範囲内の事。

つい最近HDDを増設したので、さっそく温度をチェック。
50度越えてるじゃん\(^o^)/それっぽい場所がなく、ドライブがくっつくよう並べてネジ止めしていたのですが、流石にヤバイ模様。
と言う訳で、ジャンクからそれっぽい金具を見繕い、ナイロンバンドで無理やり固定。

この手の工作は子供の頃から低クオリティでしたよ(ノ∀`)

コメントは受け付けていません。

2食らしい

GWや夏休み等は主婦は忙しくなるらしく、その原因は主に昼食の面倒のようです。
普段は一人になりがちな昼食を「有り合わせ」で済ませているのだとか。

SOHOの妻は大変なのか

今は乳児が居るので、いずれにしても妻はとても忙しいのですが、家で仕事をしている私は、常々昼食も作ってもらっています。
ある意味、毎日が夏休みなんですね(ノ∀`) ありがとう

コメントは受け付けていません。