日常 カテゴリー

生活全般

歳をとると長くなる

[日常] 2008年7月13日(日曜日) 21:15

長くなりますねぇ。
仙人村山富一をググるまでもなく、最大値が伸びます。
ええ、毛の。
30歳を越えたころからでしょうか。眉毛や乳毛が長くなっている自覚がありました。
まず、集団の中から「飛びぬけた奴」が出てくるんですよね。そしてそれらエリート(笑)の数が増えてくる感覚(科学的な検証はしておりません)。

本日、風呂で私本体から離脱した毛の中に、とびっきりのエリートを発見しました。その領域で正に飛びぬけていた1本。
画像を自粛せざるを得ない縮れたそれの長さは……12.7cm((((゜д゜;))))
歳をとるって、驚くことばかりですね(ノ∀`)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

チンコウ○ウズ

[日常] 2008年7月10日(木曜日) 21:41

ちんこう○うず

「ちんすこう」にも勝るとも劣らない逸材(ノ∀`)チンコウコウズ
購入しなかったため、お味の方はわかりません…

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

興味の無い事への興味

[日常] 2008年7月7日(月曜日) 21:00

私は情報収集リテラシが未熟

ニュースや興味のある分野に関しての情報収集に関しては大きな問題は無いのですが、ネットリテラシーとして、まだ「興味が無い事」の情報を効率良く得られる手段を私は確立できていません。
いわゆる「アンテナ」も興味に大きく左右されてしまいますし。

興味に左右されないアンテナ!?

流行りもの?

まっすぐ考えれば「流行もの」ですよね。
そういう意味ではテレビで十分な気もしなくはありませんが、広告や思いの強いテレビから得られるものは「流行りもの」ではなく「流行らせもの」と感じてなりません。もっとも、両者の線引きは簡単ではありませんが。

いっそランダム!?

何らかの趣向に基づいて取捨選択(フィルタリング)された情報。それなら、ランダムな誰かのブックマークでも除けば良さそう。
そこそこ質は確保されていて、尚且つ、自分の興味外のもの。

マスコミに左右されにくいランキングもの?

流行りものを追う以上、マスコミの影響を排除することはおそらく理論的に不可能でしょうが、今時でしたら、それらの意図を直接汲まないランキングも既に存在しそうです。

つまり、はてブの人気エントリーでよい訳ですね(・ω・)

なぜ、興味の無いことへの興味を追うのか

魂が薄くて(笑)熱しにくいから……と言うのも事実の一部ですが、本意としては興味だけで突っ走ると「成極化」に飲み込まれてしまいそうだから。
私、自信満々の時ほど間違っているのです(ノ∀`)いつもいつもではありませんが、自信を突き詰めてみると案外、無根拠だったり、大きな穴を見落としていたりするのです。
そんな性分の私にとって、興味のある情報ばかり仕入れる事は、興味の無い情報を遮断する事であり、首を振れる角度を著しく限定してしまうような気がするのです。

単純に面白いサイトも巡回しているのですが、これからはもうちょっとはてブの人気エントリー的なサイトも回ってみようと感じました。

コメントは受け付けていません。

カップヌードル最強でしょうか。なんせ、お湯を入れるだけですもんね。
複雑なカップ麺が多い中、ナビゲーション的(笑)に良く出来てるなぁというものはあまりありません。ナビゲーション的と言いますか、インターフェイス的と言いますか、とにかく、一生懸命説明を読まないと分からない(ノ∀`)
事は単純で、

  • お湯を入れる前に入れるもの
  • 何分待つか
  • 待った後に入れるもの

これらが明示されていれば十分なんですよね。中には、焼きそばや湯切りなんてのもありますが…
ええ、明示されていると言えばされています。でもこれが一生懸命見ないと分からない(ノ∀`)3つも4つも同時に作るときなどは、ワーーーーっとなってしまいそうです。
たとえば、「お湯前ものを全部赤」「お湯後ものを全部青」にするだけで大分違うはずなのですが。

カップ麺に限らず、七味やしょうゆなどのパックも気になります。
そうあの「マジックカット」。出始めは革命を感じました。しかし、結局は伝わりにくかったようで「こちら側のどこからでも切れます」などと説明が書いてあったりで本末転倒(笑)大きく1つ切れ込みを入れておく方が、よっぽど分かりやすいのですよね。

アナログ分野のナビゲーションもまだまだ洗練の余地はあるのだなぁと感じました。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

[日常] 2008年7月3日(木曜日) 14:01

先日、妻のお祓いに参りました。もう7月ですが…
その際に引いたおみくじが「平」。よく覚えていませんが、良くないことばかり書いてありました・゚・(ノ∀`)・゚・
パチリとしてから結んでこればよかったなぁ。
2008年7月3日~のスプラッシュ

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

旧友の結婚式

[日常] 2008年6月29日(日曜日) 0:55

28日は旧友の結婚式でした。
披露宴では新郎友人席が数卓あり、それぞれは別コミュニティ。
一般的にコミュニティによって立場や求められるものが微妙に異なるので、望むと望まざるとに関わらず自身のキャラも若干変わってしまったりするものです。彼の場合、その差異はほとんど無い様で、概ね「いじられ役」。差異の少なさは、在りたい自身と在る自身が近い結果でしょうか。親ではありませんが、大変喜ばしい気持ちがします。

細部に関して驚くほど強すぎる男脳の彼。
これは本来、無用な衝突が少なくなくトッツキにくいはずの要素なのですが、彼の場合は同時に衝突を修復する包容力もあります。ケロッと謝れる素直さと真摯な愛嬌。その両者が相まっての「いじられ役」なのでしょう。

私の場合、兎角、他人に厳しく自分に優しい(‘A`)ので、もう少々包容力が必要だなと感じました。

2次会も終わり、帰宅。
最寄り駅の街路樹が、近頃はムクドリ?の休憩場所になってしまったようで、連中は0:00でもチュンチュンと騒いでいました。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

2泊3日の修行

[日常] 2008年6月25日(水曜日) 23:59

25日。我が子も無事、2泊3日の入院で退院となりました。
出産や小児医療を取り巻く厳しい現状を思うと、諸関係者様方へは頭が上がりません。熱心な医者に子供の扱いを熟知した看護師や保育士。非常にありがたいことです。

病室に詰められるのは、概ね、朝6時から夜22時程度まで。
2泊3日程度だからでしょうか、詰めていても(妻に任せ、私はちょくちょく自宅に戻りましたが…)親側の体力は何とかなりました。
しかし、夜中はそうもいきません。看護師が見ていてくれるとは言え、8時間は離れなくてはならず、当然、子供の方は泣き明かしたようです。

子供にとっても決して楽ではない経験だったと思いますが、親の方にとってもなかなかの修行でした(ノ∀`)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

ママの居ない初めての夜

[日常] 2008年6月23日(月曜日) 23:56

我が子が本日入院。明日、ちょっとした手術を行い、明後日には退院の予定です。
手術やその為の全身麻酔のリスクも気がかりであるのですが、最も心配なのは「夜」。
寝付かせた後、我々両親は帰宅となります。母親なしで過ごす初めての夜なのです。

似たようよな月齢で同じく今日入院の方がいらして、その組は、我々よりちょっとだけ早めに寝かしつけて帰られました。
しかし、そのご両親が帰られてから10分もしないうちに、泣き出してしまい、看護師さんの元へ。
いくら看護師さんがあやしても、なぎ声は止まず…小学生の患者も少なくないのですが、気のせいか、声がかれている子が多いような…

明日朝は早めに病院へ向かう予定ですが、我が子も声を枯らしているのかな(ノД`)

コメントは受け付けていません。