"IE" Search Results 62 件

↓この数字です

Strawberry Linux のUSBガイガーカウンタ が手に入ったので作ってみました。
さいたま市の作業部屋、直近5分間のCPM(1分当たり何回ピコピコ鳴ったか)を示します。

自然状態と変わらない数値の為、
ぶっちゃけモニタリングとしての価値はほとんどありません(ノ∀`)

開発メモ

開発環境

VB.net
購入したUSBガイガーカウンタキットに、dll と vb6のソースが付属していました。
最新の Visual Basic 2010 Express(無料)では、プロジェクトファイルが読めなかった為、
一旦、Visual Basic 2008 Express Edition もインストール。
2008が、プロジェクトファイルを変換してくれます。
その変換後のプロジェクトを更に、2010で最新版に変換し、2010で作業しました。

Twitter関連

VBからTwitterをするなら、TwitterVB が便利なようです。

Twitterのアプリ登録でハマった点は、
1)「Default Access type:」 で 「Read & Write」 が選べなかった事。
登録時は何故か「Read-only 」に。
http://twitter.com/oauth_clients からの変更も反映されませんでした。
https://dev.twitter.com/apps からだと何故か変更可能でした。
謎。
2)TwitterVBでOAuth_Tokenの取得に失敗した事。
ValidatePIN が何度やってもfalse。
https://dev.twitter.com/apps の 「My Access Token」 から手動で取得出来ました(ノ∀`)

追記
その後、画像のアップロードで微妙に調子が悪くなる為、
普通のbot に切り替えました。
詳細なデータはGEIGERMAP様の方にアップ。
GEIGERMAP素敵です。
ありがとうTwitterVB、ありがとうGEIGERMAP!

コメントは受け付けていません。

鉄板なjQuery に続き、jQuery Mobile も主流になりそうな雰囲気の、
スマートフォン用フレームワーク
jQuery Mobile をいじってみました。

習作

ニュースチェッカーを作ってみました。
スマホ用ですが、FireFox4やChrome等、
いわゆるモダンブラウザでも動きます(除くIE9)。

内容はGoogleニュースなどのフィードを読んで表示するだけ(ノ∀`)
なお、php側で5分キャッシュをしています。

留意点

制作中に気がついた留意点をメモ。

相対リンクに気をつける

例えば、
href=”./test.html” ではなく、
href=”test.html” と記述する方が無難です。

jQuery Mobile がページ遷移をAJAX化する過程で、
前者ですと、サイトをうろうろしているうちに、

http://test.example.com/index.php#./././././././yahoo.php

等となってしまいます。後者なら、

http://test.example.com/index.php#yahoo.php

自前javascriptに気をつける

jQuery Mobile 自体がAJAXを多用する為か(切る事もできる)
自前でAJAX等を追加すると、
自前javascriptによる出力部にフレームワークが適用されませんでした。
なんか良い方法もあるに違いなのですが見つけられず\(^o^)/

案外もっさり

まだアルファ版という事もあり、
他の類似フレームワークと比べると、もっさり感は否めません。
とは言え、数多のスマホに合わせる労力を考えると、
守備範囲の広い jQuery Mobile への期待は止まりません。

コメントは受け付けていません。

コメント系

WordPressとfacebookのコメントをどう連動させるか。

結論

Twitterなどからの反映は、zenbackが強力だが、
facebook は別途対応する必要があり、オフィシャルの埋め込み型コメントプラグインが無難。
なお、色変更の方法が分からず、白背景以外のサイトでは厳しいかも。

また、facebook は進行形で仕様が変わっている様なので、
FBML廃止の3/11 辺りを基準に落ち着いてから再調査する方が吉か。

双方向

考えるべきは、どこまでやるべきなのかか。

WordPress → facebook

ソーシャル的に意味のある反映のさせ方に留意したい。
facebookに“繋がり”のないコメントを流す事に効果はあるのか。

facebook → WordPress

こちらはもっと繊細で、
facebook側で投稿された方が、WordPress側に表示される事に戸惑う可能性。
facebookで言うところの「すべてのユーザー」が非ユーザーに及ぶ事を
暗に容認されるような見せ方ができるか否か。

仮の指針

とりあえず、カンで\(^o^)/

  • facebookに流すコメントはfacebookアカウントによる書き込みのみに
  • WordPressのコメント欄からの投稿は他のサービスには流さない

もっとも事故が少ないのはこの線か。
つまんないけど、自分の投稿と他人様のコメントの扱いは線を引くべき。
あと、あんまり反映し過ぎちゃうとループしそうで怖くもあり。
挙動的には公式プラグインがそれっぽい。

実装

オフィシャルの埋め込み型コメントプラグインで良いんじゃないかいやいや、
Facebook Comments for WordPressも素直で使いやすく、
投稿連動で使うWordbookerでもできそうじゃん……などと試行錯誤していたら、

Facebook、新コメント・プラグインを発表―Google、Twitterは協力を拒否〔実例は元記事参照〕
Facebook: コメントにスパム&荒らし対策を実施
など、どうも進行形の様子。

他のソーシャルサービスから反映

ソーシャルサービス全般へのカラミはzenbackが強力。
Twitterやはてブのコメントが中心で、facebook との連携として考えると弱い。
しかしながら、特性上 facebook 内のコメントをぴっぱってくる事が望まれない可能性を考えると、
zenbackがベストソリューションなのかもしれない。

記事にボタンを付けるのみなら、jQuery.socialbutton プラグイン がシンプルかつ高機能。
なお、一覧で記事それぞれに付加するには向かなげ。

投稿系

WordPress による記事の投稿(コメントではなく)を facebook のニュースフィードに反映。
プラグインのWordbookerが無難か。
ただ、アップロードの関係で、WordPress → facebook では写真の連携が曲者。

アルバム記事対策

facebookにアルバムアップロード

WordPress からそのアルバムを利用して記事作成

ポスト

さて、プラグインの調査は後日(ノ∀`) ↓あたりを物色予定。

Embed Facebook
WordPress Facebook Grabber
Facebook Photo Fetcher
Fotobook

追記
どうも、facebookのノート機能と連動させるのが良筋っぽい。
しかし、facebookの公開設定が謎。
限定しても、誰もが見られるパーマリンクが有ったり、
「全てのユーザー」がfacebookを利用していない人も含んでいたり等々。

コメントは受け付けていません。

wordpressにて他サイトのフィード表示に際して、
WP – RSS Import
を使って見ました。

なかなか順調に経過していましたが、
livedoorブログのフィードの日付が取得出来ずOrz

index.rdf の場合、dc:date
atom.xmlの場合、modified
の部分が日付なので、

rssimport.php の

if ($use_simplepie && $date)
	$pubDate = date_i18n( $date_format, strtotime( $item->get_date() ) );
elseif ($date && isset($item['pubdate']) )
	$pubDate = date_i18n( $date_format, strtotime( $item['pubdate'] ) );

の直下に、以下を追加し、atom.xml の方を読みました。

elseif ($date && isset($item['modified']) ) 
	$pubDate = date_i18n( $date_format, strtotime( $item['modified'] ) );

とりあえずメモ。

コメントは受け付けていません。

レベル1

人材獲得作戦・4 試験問題ほか
に面白そうな問題が。
とりあえず javascript でやってみるか。→判定はレベル1
ちょwww時間なさ過ぎ。俺ダメすぎ(ノ∀`)

迷路最適化→ツリー化→しらみつぶし
の予定が、迷路最適化までで3時間終了\(^o^)/

途中で放り出すのも気持ち悪いので、完走はしてみました。
動作URL

ほとんどデバッグだった

一昔前に比べると、ウェブのお陰で言語に関する資料はたんまりあるので、
言語使用を確認しながらのプログラミング。

javascript ってこんなに厄介だったっけ……
配列やオブジェクトのコピーだけでウルトラテクニックが必要だったり、
ちょっと深い再帰をさせるとメモリ不足になったり。

作戦立案終了 1時間経過
迷路最適化終了 3時間経過……む、終わってるwww

翌日続きに取りかかる。
とりあえず動いたものの IEなどでstack overflow(ノ∀`)
ショックで挫折。

更に翌日の今日、
必死デバッグで完走。
なんか、正味でも、10時間以上掛かっちゃったんですけど。
ソースも汚いし、ダメすぎだろ俺

追加

敗因分析

やっぱ、クラス分けとアルゴリズムがかみ合ってない。
現在地データ用に用意したクラスで最後まで突っ走ったので、
現在地座標のスコープが広すぎて、そのせいで無駄に苦労している。
突っ走って壁に当たったら、走る前の所から考え直す視点が弱かった様です(ノ∀`) アルゴリズム自体が縮図になっててちょっと切ない
四苦八苦する過程こそが真の迷路なのだよガッハッハということか

コメントは受け付けていません。

もしかすると、バージョン的にはもっと前からかも知れません(´・ω・`)
なぜかOpera10.10で、他のモダンブラウザに無い空白が入ってるじゃありませんか……

結論としては、
javascriptで、
document.execCommand(‘BackgroundImageCache’, false, true);
としていたのが原因。
hoverでちらつくIE6用のおまじないがOperaで異常を起こすようになっていました(ノ∀`)

と言う訳で、おまじない部分を

try {
	if( navigator.appVersion.indexOf("MSIE 6",0) != -1) document.execCommand('BackgroundImageCache', false, true); 
} catch(e) {} 

に変更

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

window 7 移行メモ

[技術メモ] 2009年11月4日(水曜日) 18:47

メインの作業環境をwindows 7 x64に移行したので作業メモを残します。

マルチブート化

ハード丸ごとの新調はせず、HDD追加のみでの移行を決定。
進行中の作業が止まらないように、旧環境を残しつつマルチブート化。
旧環境を壊さないように7は新HDDへインストールし、ハード起動時にブートドライブを変える事で旧環境が立ち上がる仕様。
また、OSとアプリドライブ以外はドライブレターも含めて、新旧兼用。

アンチウイルス

Microsoft Security Essentialsにしてみました。流石に相性問題は少ないでしょうから。

アーカイバ

条件反射で+Lhaca 1.2x系 デラックス版
暗号付きアーカイブを作ったり等々用に7-Zip もインストール。

操作系調整

自動ログイン化

Windows Vista でパスワードを入力しないで自動ログインする方法を参考に自動ログイン化。

キーボード、マウス調整

キーボードのリピート設定が気に入らない(´・ω・`)一番早いと早すぎるけど、1段落とすと遅すぎる

UAC

「通知しない」に(ノ∀`) ごめんなさい

クイック検索窓

googleツールバーでクイック検索窓が使えなかったので、AHKでctrl+spaceで検索窓を開くように。

タスクバー中クリックでアプリを閉じる

Taskbar Overlordにて、同じくAHKで対応。

ホイール操作で裏の窓をアクティブに

ZTop version 1.73 で対応。ただし、エクスプローラのビュー間の挙動はいまいち。なお、
「ホイールを直下のウインドウへ送る」はoffチェック
「直下のウインドウをアクティブにする」をチェック

エクスプローラ中クリックで上階層へ

同じくztopで対応。ただし、用意されている機能では上手く動かず「マウスボタン」の変換機能で「ホイールクリック」で「 Alt+Up 」を送る設定にして対応。弊害が出る可能性あり。要留意。
弊害が出たので、AHKで対応。(“タスクバー中クリックでアプリを閉じる”分もついでにインチキ対応)

MButton::
	CoordMode,Mouse,Screen
	MouseGetPos, x, y, , WinUnderMouseClass,1
	yposition := A_ScreenHeight - y
	if (yposition < 40) {
	;if ( (yposition < 40)&&(x > 1600) ) {
		Send,{LButton}{LButton}
		Send,!{F4}
	} else {
		Send,{MButton}
		WinGetClass, class, A
		if (class == "CabinetWClass") {
			Send,!{UP}
		}
	}
return

ATOK

「無変換」をIMEオン/オフに変更。辞書を移行。

ブラウザ関係

IE

やっとシェアでIE7を逆転した8をメインに。IE7Proも概ね動き(一部動いてないアドオンもあり)快調。
ローカルflashチェック用に、セキュリティを中にし、『インターネット オプション(O)』『詳細設定』タブ『マイ コンピューターのファイルでのアクティブ コンテンツの実行を許可する*』にチェック
IE7環境は予備機に残し、IE6環境はOS新機能のXPmodeのIE6をそのまま利用することに。

その他

FireFox、Opera、Safari、Chromeの最新版をそれぞれインストール。特にFireFoxはフォルダ丸ごと(AppDataのデータフォルダも)移すだけでアドオンも動いて感動。

周辺機器のドライバ

案外困ったのがこれ。レーザープリンタ(LBP5000)、PCFAX兼スキャナ(MFC-5840CN)がどちらもwindow 7(x64)では切り捨てに。
結局、MFC-9120CNに買い換える事にしました(´・ω・`) とは言え、LBP5000は替えトナーまであるので予備機として保存。

その他

ローカルサーバ

旧環境に合わせてxamppで構築。でもVertrigoのが楽かもしれません。
phpが5.3になり、「Warning: strtotime()」が出たので、
PHP Warning: strtotime():なエラーに倣って、php.ini に date.timezone = “Asia/Tokyo” を追加。

タスクスケジューラ

データファイルのバックアップやcronが使えない環境の日時指定更新等で希に使用するタスクを移行。
エクスポート機能が便利でした。

時刻調整

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services
\W32Time\TimeProviders\NtpClient のSpecialPollInterval の値を変更。
「32」と言うのがなんか引っかかりますがとりあえず。

アイコン間隔

「デザインの詳細設定」でアイコンの間隔も変えられました(Vistaでもできた)。
デフォルトではVistaより広くなっていてアイコンを並べられなかったので……

ウィンドウ背景色

デフォルトの#ffffffでは、背景入れ忘れを見落とすので若干グレーに変更。

所感

  • FireFoxの移行が楽でしかも細部まで移せて素敵だった
  • エクスプローラがvistaより遥かに素直だった
  • でも細部のカスタマイズはやはりサード頼み
  • 大量ファイルのコピーはwindows 7 x64では大幅に改善されていた(vista32 では絶望だった)
  • x64は筋が良い。ただし古い機器のドライバ以外
  • 実はあんまりvistaと変わらないが、デフォルトの操作性が素直になってるので、vistaと違って初心者にもお勧めできる

コメントは受け付けていません。

今年、2件ほどギャラリーサイトをコーディングしました。
JSでゴリゴリと動かす感じ物でしたが、その際何気にハマったのが表題の件。
横スクロールさせる上で、まず、横一列に並べなくてはなりません。

改行させない

サンプルはこちら。
まずは、inlineで並べた要素を改行させない命令が肝。

#thumbnails {
	white-space: nowrap;
}

でもこのままでは余白がグチャグチャなので、それらを整える必要があります。

整える

#thumbnails {
	display:block;
	margin:0;
	padding:0;
	font-size:9px;
	font-family:sans-serif;
	white-space: nowrap;
}
#thumbnails img {
	margin:0;
	padding:0;
	border:0;
}
#thumbnails a {
	display:inline;
	margin:0 -2px 0 0;
	padding:0;
	border:0;
}

我ながら強引(ノ∀`)
inlineで何となく開く要素間マージンをフォント指定で調整し、その後マイナスマージンで詰めています。
このケースの場合、IE6~8、FF3.5、Chrome3.0、Safari4.0.2、mac Sarfari4.0.3、mac FF3.5 での横マージンが同じになりますが、フォントファミリー、フォントサイズ指定によって、ズレますOrz
恐るべしinline。
素直にtableを使うべきか。

コメントは受け付けていません。