数字の教材を創ってみた

[日常] 2010年11月2日(火曜日) 23:49

3歳半になった息子。
数字よりも文字が好きだった彼も、
そろそろ数に興味を持ち始めた模様で現状の様子は下記。

  • 1から順に数える(特に4以上)
  • ぱっと見でわかる個数は精々5個まで
  • 順を追えば100までは数えられるが、初見で10個を超える「沢山」に対しては数える気が起きない
  • 多い少ないの概念はある
  • 足し引きの概念はない

以前、息子は睡眠時に夢を見ているのか、それはどんな内容なのか。
それを確かめようと思った際に壁だったのが、
「夢」の説明が非常に困難だった事(ノ∀`)
それと似て、今回は、足し引きの概念をエレガントに表現できません。

無理に伝えようとして、
数字・算数を嫌いになってしまう様では元も子もないので、
いろいろと応用が効きそうなカードを創ってみました。
狙いとしては、
合わさると10になる色々な組み合わせの存在を知り、
そこから、足したり引いたりする概念に気付かせる算段です。

実際に試したところ、
案外食い付きは良く、並べるや否や数えていました。
が……
一通り数え終わると、
「じゃぁ、次は車!(*´ω`*)」
ええ、創りましたとも車版も……
「わーい!次は雲!(;゚∀゚)=3」
雲……まぁ、ざっくりと敗北ですOrz

なお、この教材もどきは、
A4用紙4枚に印刷し、それぞれ3分割する事を前提としています。
グレーの帯が入っている4枚目を上に全部重ねると、カッターで切りやすいかなと思います。
青リンゴは別の果物の方がユニバーサルだったなぁと後悔も。

コメントは受け付けていません。


※300dpi


※300dpi

iPhone4 ではアンテナ問題の解消の為に、ケースが無料で配布されました。
私は、ポリカーボネイトの透明ケースを選択したのですが、
最初に買ったケースも似たようなものだった為、
なんというか、ええ、飽きてしまいました(ノ∀`)

でもこれ、透明なんですよねぇ。
紙でも挟めるなら、お手軽着せ替えができそうです。

とりあえず、それっぽいのをでっち上げ、カッターで切り抜き。
デザインのせいか、ビミョーな仕上がりとなりましたが、
Incase Snap Case for iPhone 4 クリア
はとりあえず、紙を挟んで使えるっぽいです。

追記
平べったいデザインだと、リアリティは出しにくいようで、
どうしてもチープに見えてしまいます。
右下のように、周囲を若干暗くして、立体感を持たせた方が、
しっくり来ました。

コメントは受け付けていません。

初iPhoneとして、iPhone4を使用中です。
カメラが青かったり等々、諸問題もありますが、
小さなパソコンとして使いたかった私にとっては、
そもそも向いていなかったようです(ノ∀`)

操作インターフェイスは最高

3歳児でも使える直感的な操作系。
マウス操作が酷くさえ思えてしまうほどに最高。
いや、本当に素晴らしい。
ネットブックは全部これになってしまうべき。

ストレージを共用しない世界

iPhoneを知らなさすぎました。

iPhoneはアプリ主体

パソコンは「ファイル主体」。
一方iPhoneは「アプリ主体」なんです。

先にファイルありきで、好きなアプリを「関連づけ」して使うのが常識だと思っていました。
パソコンでは概ねそうです。
しかしiPhoneにそんな常識は通用しません。
ジョブスが許しません。

iPhoneでは先にアプリがあり、そこからファイルを作るのです。
他のアプリと自由に共有できるファイルは写真くらいでしょうか。

内部に共用ストレージがない

iPhoneでは、各アプリに専用のストレージスペースが与えられ、
その檻から出られません。
あるアプリが利用しているiPhone内のストレージを、別のアプリは参照できないのです。
僅かな例外もありますが、
「共用ストレージ」さえまともにはありません。
ジョブスが許しません。

外部ストレージに頼らざるを得ない

とはいえ、多くのアプリは外部からファイルを取り込めます。
「デキるアプリ」は
FTPやWebDAV、DropBoxやEvernoteなど多彩な選択肢を持ちますが、
それらはすべてiPhoneの「外」のストレージを利用するものです。

共用ストレージがないという事は、
 「デキるアプリ」
=「他のアプリとファイルを共用できるアプリ」
=「共用できるのは外部ストレージのみ」
となってしまいます。

外部ストレージの決定版もない

無いんです。
コレにならほとんどのアプリが対応してる!
という外部ストレージがありません。
あるアプリは、メール添付のみ、
あるアプリは、URLからの取り込みのみ、
あるアプリは、FTPサーバになれるけど……

DropBoxあたりがデファクトスタンダードにでもなってくれればいいのですが、
ローカルの共用ストレージさえ禁じられている以上、
それも望めないでしょう。
おそらく、ジョブスが許しません。

専門のエディタソフトがない世界

GoodReaderしかり、ezShereしかり、EverNoteしかり、
・いろいろな方法でファイルを読み込める
・いろいろな形式のファイルを見られる
そんなアプリばかりです。
読み込んだローカルのファイルを、
他のアプリから利用することが、
基本的に許されていないので、
そうならざるをえないのでしょう。

共用ストレージが許されない世界は、
オールラウンドなビュワーばかりで、
いわゆる普通のテキストエディタが存在しない不思議な世界でした。

コメントは受け付けていません。

wordpress(2.9.2) にて、next_posts_link等、
ページネーションが正常に機能しない事例に当たりました。
3ページ目移行が表示されない等。

試行錯誤するなか、
管理画面の「1ページに表示する最大投稿数」が
posts_per_pageより小さいと正常動作するっぽい事を発見。
デフォルトが10なので、まぁ大抵は上手く動くはずです。
しかし、動作検証等でposts_per_pageを小さい数に変えると異常が表出。

根治からはほど遠いまでも、きっと役立つ局面があるはずなのでメモ。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

良い夢を見る方法

[日常] 2010年2月7日(日曜日) 21:29

寝る前に3つ

一週間で自分を生き返らせる方法「Three good things」によると、

「まいにち、就寝前に、その日にあった『よいこと』を三つ書き出し、これを一週間続ける」
PRESIDENT ( プレジデント ) 2010年 2/15号より

とのこと。
簡単そうなので早速、2日間やってみました。
結果、確かに良い夢が見られます(・ω・)

幼児の寝起きは一時停止

2歳8か月の我が子だけかも知れませんが、
泣き疲れて眠ると、起きた際に泣きの続きが始まります。
文字通り、パソコンのスリープのような状態です。

長時間の睡眠でも概ねそうなので、
寝る直前の気分というのは、睡眠自体に与える影響は案外大きいのかも知れません。

継続したい

精神的に良い作用があるかどうかはさておき、
ポジティブな夢が見られるだけでも儲けものですので、
とりあえず、続けてみたいと思います。

今日の「よいこと」は……
・息子が上手にノンタンを書いた
・日曜なのに、溜まった仕事をこなす時間を家族が作ってくれた
・親戚から、いよかんが届いた

コメントは受け付けていません。

「自殺する時は餓死」「妻を泣かさない」等々々、細かいルールもありました。
希に泣かしてしまいますので、煮詰まり具合はその程度のものです。

子供が3歳に近づいた昨今、親としての意識も泡立つようになり、
自分ルールの根っこに近い部分として、これは肝に銘じようと思い入る事があります。

「親より長生きする事」

いくらミームを残そうと、子供の先経ちだけは見たくない。
親もそう思っていることでしょう。

え?孫ができると変わってくるって!?(・ω・)
まぁ、その辺のところは先々の楽しみとして取っておきましょう。

コメントは受け付けていません。

レベル1

人材獲得作戦・4 試験問題ほか
に面白そうな問題が。
とりあえず javascript でやってみるか。→判定はレベル1
ちょwww時間なさ過ぎ。俺ダメすぎ(ノ∀`)

迷路最適化→ツリー化→しらみつぶし
の予定が、迷路最適化までで3時間終了\(^o^)/

途中で放り出すのも気持ち悪いので、完走はしてみました。
動作URL

ほとんどデバッグだった

一昔前に比べると、ウェブのお陰で言語に関する資料はたんまりあるので、
言語使用を確認しながらのプログラミング。

javascript ってこんなに厄介だったっけ……
配列やオブジェクトのコピーだけでウルトラテクニックが必要だったり、
ちょっと深い再帰をさせるとメモリ不足になったり。

作戦立案終了 1時間経過
迷路最適化終了 3時間経過……む、終わってるwww

翌日続きに取りかかる。
とりあえず動いたものの IEなどでstack overflow(ノ∀`)
ショックで挫折。

更に翌日の今日、
必死デバッグで完走。
なんか、正味でも、10時間以上掛かっちゃったんですけど。
ソースも汚いし、ダメすぎだろ俺

追加

敗因分析

やっぱ、クラス分けとアルゴリズムがかみ合ってない。
現在地データ用に用意したクラスで最後まで突っ走ったので、
現在地座標のスコープが広すぎて、そのせいで無駄に苦労している。
突っ走って壁に当たったら、走る前の所から考え直す視点が弱かった様です(ノ∀`) アルゴリズム自体が縮図になっててちょっと切ない
四苦八苦する過程こそが真の迷路なのだよガッハッハということか

コメントは受け付けていません。

もしかすると、バージョン的にはもっと前からかも知れません(´・ω・`)
なぜかOpera10.10で、他のモダンブラウザに無い空白が入ってるじゃありませんか……

結論としては、
javascriptで、
document.execCommand(‘BackgroundImageCache’, false, true);
としていたのが原因。
hoverでちらつくIE6用のおまじないがOperaで異常を起こすようになっていました(ノ∀`)

と言う訳で、おまじない部分を

try {
	if( navigator.appVersion.indexOf("MSIE 6",0) != -1) document.execCommand('BackgroundImageCache', false, true); 
} catch(e) {} 

に変更

コメントは受け付けていません。

ページトップへ