Mac用css実装

[技術メモ blog製作記録] 2008年4月19日(土曜日) 21:52

safari3が相対サイズ指定時のフォントが大きい事に対応するため、先ず、Macにのみ専用cssが追加されるようにしました。

Mac用cssはオーバーライドで実装

私のコーディングの癖でもあるのですが、Mac用cssはオーバーライドで実装するのが好きです。
windows用と完全に分けてしまうのではなく、windows用(共通用)を読み込んだ後に、Mac用を追加で読み込み、上書する方法です。

テーマレベルで実装

他のテーマ(スキン)に影響を及ぼさないためにもテーマレベルで実装する事にしました。
header.phpの</head>直前に以下を追加
 <?php $agent = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT']; ?>
 <?php if (ereg("Mac",$agent)) : ?>
 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/style-mac.css" />
 <?php endif; ?>

ガサツな気もしますが、とりあえずよし。
これで、Macの場合のみstyle-mac.cssが追加で読み込まれます。

safari3指定はcssレベルで

(more…)

Comments (1)

フォント絶対サイズ指定の時代か

IE7やオペラでは標準の「拡大」操作が、フォントの拡大ではなくズームになりました。
IE6では、文字を楽に読みたい時などにフォントを拡大しやすいよう、フォントサイズをガッチリ固定せずに作る方法が、ユニバーサルとされてきましたが、近頃はIE7のデフォルト化もあり、フォントの絶対サイズ指定での制作もユニバーサル的な不利は減りつつあります。

このブログは相対サイズ指定

仕事で作るサイトは、何故かIE7以前から絶対サイズ指定が圧倒的に多いです。打ち合わせの齟齬が減るからでしょうか?(仮説)IE7のお陰で、固定しないメリットも大分減ったのですが、ノウハウを拾っておくためにも、このブログは基本的に相対サイズ指定にしています。(一部絶対指定です。)

safari3はなんかちょっとフォントが大きい?

相対指定では、ブラウザ間の差異が大きくなる傾向にあるようです。
特に気になったのは、Macのsafari3。
Macとwindowsでは基本的にフォントが違う為、字間や文字列の長さも変わってきます。
その為、webでは「大体」合わせるのが精々なのですが、safari3での相対指定はなんか、一回り大きい(ノ∀`)
cssハックで対応するにも限界や危険がありますので、せめてMac用cssは用意したい所です。

コメントは受け付けていません。

急な不幸があり、明日通夜に。
日頃しなれないネクタイの締め方も思い出さねば。

通夜のマナー

通夜に参列する – [冠婚葬祭]All About
によると、注意点は以下の通り。

・バッグなどやポケットから不祝儀袋を直接出して渡すのはマナー違反ですので注意しましょう。
・喪家から通夜ぶるまいにすすめられたら、一口でも箸をつけるのがマナー。
・受付がない場合は、遺族にお悔みを述べ、霊前にお参りし、祭壇に香典を供えます。

ふむふむ。数珠の持ち方ご焼香も。

進行

通夜や告別式の流れは、
通夜・告別式の手順と進行――『メモリアルホールおおぐし』 あたりが分かりやすいか。

コメントは受け付けていません。

技術記録も日記も読みたい人は少数派

我ながら「技術系記録+日々の雑感」なブログは、本来なら別のブログに分けるべきなのかなとも感じます。
分別(ノД`)するほどの価値もない…のでまとめているのですが、仮にRSSを購読するにしても、この手の技術系と日記を合わせて読みたい人はかなり奇特な方に違いなく…(ノД`)

ざっくりカテゴライズ

blogには「カテゴリ」と「タグ付け」なる記事の整理分類方法があるのですが、このブログでは

  • カテゴリをできるだけ少なく
  • 細かなところはタグで

をポリシーにしてみたいと考えています。とは言え、タグ付けは自分でも驚くほど下手糞です(ノД`)ほとんど付けていない
とりあえず、カテゴリはメニューに入る程度の数に絞るつもり。

カテゴリごとにRSSを

(more…)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

BOMにハマる

[技術メモ] 2008年4月14日(月曜日) 23:02

BOMは鬼門

 突然レイアウトの一部が崩れ、何を吟味しても原因がつかめず。 
1時間ほどのた打ち回った所、消したはずのBOMがいつの間にか復活していました。どうやら、近頃愛用している置換ソフトの仕様なようです。 

ぴったりのテキスト置換ソフトはいずこ

コーダーに限らず、複数行一括置換ソフトはよく使われると思います。
昨年までお気に入りだったソフトは年始にUTF8の置換でバグる事が判明し撤去。

その後、TExchange Ver.2.0.0を愛用しているのですが、いやはや、BOMなしUTF-8を置換すると、いつの間にかBOMが付けられちゃうのですね。BOMはweb系では鬼門。まさしくBOMです。

TExhangeは、BOMの問題以外は今のところ快適で、バグらない置換ツールを改めて探す気力はなかなか沸いてきません(ノ∀`)そこで導入したのが、KanjiTranslator 1.5 。BOMをまとめて取る作業をこれで行おうかな。おまじないとしても。

Comments (1)

ページトップへ

DHTML再び

[仕事] 2008年4月13日(日曜日) 11:15

技術は突然死する

新技術(手法)というのはある程度枯れる(安定する)まで、常に無駄になる可能性を秘めています。
浸透したと思っていても、突然死するケースさえ。

突然死の事例

例えば、javaアプレット
今でも生き残っている技術ですが、一時は今で言うflashのような、リッチ化の王道的地位にありました。
「やっぱりアプレットくらい作れないと」と思われたそんな時代。
1996年頃だったでしょうか。netscape4事件はおきました。

netscape3がIE以上の定番ブラウザだった当事、鳴り物入りで登場したnetscape4では、アプレットを含むページの起動が異常に遅くなっていたのです。ページは開かず、また開いても安定せず。
時代は、netscapeではなく、アプレットを嫌いました。地雷と化したアプレットは、官公庁系ウェブサイトの製作指針でも「使わないように」と明記されたほど。
(その他、MS、sun間での裁判戦争の影響もあったでしょうか)

烙印のDHTML

(more…)

コメントは受け付けていません。

気になってはいけない


調整前
wp-pagenavi 導入に際し、HTMLコーダの悪い癖が。
このページャに限らず、例えばこのようなニュースサイトでも、ページング部分では、クリックできる部分と、押したときに出る「破線のフォーカス」がずれているのです。
おそらくIEだけですし、実用上は全く問題がないので、こだわるだけ損なことの一つです。

調整

調整後
調整後
(more…)

コメントは受け付けていません。

こういう子に育てたい…と言うのは、少なからず自分自身が目指すところと重なります。

価値観

具体的?なところは後ほど列挙してみますが、それとは別に非常に大切なのが「価値観」。良し悪しの境界、いや、良し悪し全般に及んでその「感じ方」が大きく影響します。
その時その場所その社会に存在する「メタな価値観」と自身が持つ感じ方が噛み合うに越した事はありません。

よい子バンド

価値観さえ噛み合っていれば、極論(笑)、やりたい事をやりたいだけやっても、周囲までドンドン良くなってしまうのです。そう、ドラえもんの「よい子バンド」状態。
もっとも、絶対の価値観などはありませんし、手の届く世の中がドンドン広くなる昨今では、よい子バンドをしたまま一貫性のある人格を保つことは不可能でしょう(ノД`)

三つ子の魂

(more…)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ