最強の集中術

[自分ルール] 2008年6月2日(月曜日) 21:58

かなり良著の予感

最強の集中術: ルーシー・ジョー・パラディーノ, 森田 由美: 本
かなり良著の予感です。2008年上半期ベスト良著かもしれません。もっとも、20冊も読んでいないのですが(ノ∀`) 読んだのに予感なのは、まだ全然咀嚼できていないから。書いてあることは概ね化学的で、思想系やオカルト系のものとは一線を画します。

脳科学系の本も少しは読み、それなりに刺激も感銘も受けましたが、それらはなんと言いますか、OnOff的なやるやらない的な二元論もしくは仕組み原理の解説に近く、この本のように、手法をもってバランスを「コントロール」する具体性を前面に押し出してはいませんでした。

こんな大事な事を…

まず、この手の理論・技術を、体系だって学んだ記憶がない自分に愕然。断片的な技術にはよく触れますし、オカルト的な集中の概念こそ持ってはいますが、それらはとても満足すべきレベルのものではありませんでした。
ああ、30年も生きてきてこんな大切な事の体系を持っていないなんて…

弛緩←→緊張の軸

この本は、リラックスしすぎてやる気が出ない状態から、興奮しすぎて頭も真っ白な状態までを「弛緩←→緊張」の軸に置き、アドレナリンのコントロールによって、自身を適切な状態に導く事で、最もパフォーマンスが得られる「集中ゾーン」を維持しようという理論のようです。
また、デスクワークにはデスクワークの、アメフトにはアメフトの、それぞれに適した「集中ゾーン」があるとも。
気分転換や不安・緊張の制御、やる気の出し方等々、非常に具体的で分かりやすく今日から使えそうなテクニックも満載です。

今の今ままでは、悪い「緊張」状態の解消に必要なのは「リラックス」ではなく「集中」だと信じていました。リラックスなんかするヒマがあったら、目の前の一球に集中しろ!みたいな感覚。でもそれは、違ったんですね。
「緊張状態ではアドレナリンが出すぎているため、リラックスする事で集中状態に戻れる」と言う事なんですね。
なるほど「緊張しないためだけのメンタルトレーニング」なんて次元では無いと。

うーん…

しかし、イマイチ咀嚼しきれません。もっとも、実践できていないのですから当然とも言えます。
ベースとなる理論も、コントロール方それぞれも非常にすばらしいのですが、何かが混沌としている。
素朴な疑問としては、

ひょっとして集中ではなく平静なのでは

まず、競技によって「ゾーン」が異なる時点で「アドレナリン量」と「集中」の軸が違っていませんか?(・ω・)
投擲競技などでは確かに「興奮」状態の方が良さそうです。しかしアスリートを見るに、彼らは興奮と同時に「集中」を獲得しているようにも見えます。「集中力」というゾーンは固定で存在するが、「競技パフォーマンス」のピークは、集中力のピークにあるとは限らない…という意味なのでしょうかねぇ。

ひょっとして集中ではなく意欲なのでは

興奮状態にも、けっして怒りっぽくない「躁」状態があったり、弛緩状態にも、不安に苛まれて何もできない「鬱」的な状態や、10倍になった重力に魂を絡め取られるような全くやる気が出ない状態など、さまざまです。
テクニックの章では、不安や無気力への対策も具体的に掲載されているのですが、果たしてそれらは本当に「弛緩興奮」の軸なのでしょうか。「躁鬱」や「必然性」のようなもののなど、何かしらの大事な軸が同時に存在しているような気がしてならないのです。

ひょっとして集中そのものではなく、その土台?

この本によると、コントロール次第では、それこそ「常時」集中していられるようなのですが「最大パフォーマンス」が出せる精神状態を本当にそんなに維持する事は可能なのでしょうか。
ひょっとすると「土台」作り程度に割り引いて捉えるべきなのかもしれません。

何れにしても何度も読んで、実践してみようと思える示唆に富んだすばらしい本です。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

虫除けの季節

[日常] 2008年6月1日(日曜日) 23:29

昼に、虫除け+UVカット+アレルギー対策 な子供用ローションを買いました。世の中、都合の良いすばらしい商品があるものです。
ついでに、室内用の、虫除け+消臭なものは…流石にありませんね(ノ∀`)ですよね。出すか取るかのどちらかデスヨねぇ…

そして夜。妻が夜な夜な掃除をしております。室内用虫除けビーズをこぼしてしまったらしく、こっそり奮闘中。
なにやら飛散範囲に私が入ると邪魔なようで、手伝おうとすると微妙な顔をされました(ノ∀`)
そのビーズをパチリ。
飛び散った消臭ビーズ
今月のスプラッシュに。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

後部座席シートベルト

[日常] 2008年5月31日(土曜日) 21:15

後部座席もシートベルトが必須に

道交法が改正されたとかで、来月から後部座席のシートベルトもしなければならないようです。
ここで問題が…4月頭に中古車を買いました。
納車の日には気が付いていたのですが、放置の日々が過ぎ…

カチリとならない

その車の後部には、2本のシートベルトがあります。
同様に2つあるカチリとなる受け側の金具。あれの一方がカチリとならないのです(ノД`)
正常な方はチャイルドシートの固定で使用するので…ああ、シートベルトが足りない…

当然直さなきゃですよね

ええ。本日、近所の修理やさんに行き、見積りを頼みました。

店員>お客さん、これ「センター」って書いてありますね。
私>ええ…………って!?
店員>ベルトも金具ももう一組あって、どこも壊れてないんです。
私>\(^o^)/

恥ずかしいやら申し訳ないやら。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

ストレスとカタルシス

[仕事] 2008年5月30日(金曜日) 21:24

これから仕事上がりの一杯です(*゚∀゚)=3 体裁は寝酒ですが…
仕事が続く中では、メリハリを付けておかないとカタルシスを得損ねてしまいます。

仕事もテレビゲームも、それ自体がとてつもなく面白い…のが理想ですが、なかなかそうもいきません。山有り谷有りのストレスだらけで、一体何が楽しくてやっているのか分からなくなったりもします。もっとも、仕事は楽しむ事は二の次なのが当たり前とも言いますね。

しかしオカシイかな、ストレスが強ければ強いほど、それが解決した時のカタルシスは大きく、そう、まるで息を止め続けた後の深呼吸のような味わいがあります。その味わいを得る為には、おそらくやはりストレスが必要で、それがメリハリなのかなとも。

さて、もうちょっとあるようですが、早く片付けて「カタルシス」を満喫せねば(*゚∀゚)=3

コメントは受け付けていません。

その空の青さ

脳や認識の話などでは、その空の青さを他人が全く同じ色と感じているとは限らない…な事を聞きます。しかし、人様に頼らずとも、既に左右で若干違うんですよねぇ(・ω・)私だけとも思えません…
なお、検査で色盲を指摘された事はありません。結構な近視でドライアイでもありますが、相関は不明。

左が赤く右が緑

差を認知できないどころか、逆転する場合さえあるのですが、概ね、左目で見る方が若干赤が強く、右目で見ると緑が強めに見える場合が多いです。

原因は?

  • 残像の類なのか
  • 錯覚の類なのか
  • 思い込みなのか

光源から遠い方の目が赤を強く感じる…ような気もしなくはありませんが、定量的に測る手段も見つからず、深く追求できておりません。左右逆転する事もあるので、眼球の個体差では無さそうなのです。もやもやします。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

生活のリズム

[日常] 2008年5月27日(火曜日) 21:57

SOHOですと、グチャグチャになりがちな生活のリズム。迂闊に夜型に定着してしまおうものなら郵便局にも行けませんw
そんな私にも生活にリズムができました(ノ∀`)

子供が生まれて1年が経過、例えば、夕食~お風呂は18:00~20:00です。一人だと30分程度で済ますこともできるルーチンですが、子供がいると結構かかるもの。とは言え、夕食を作るのも寝かしつけるのも妻で、私は精々、お風呂前に絵本を読む程度です。
そんなずるい夫をしても、少なくとも1時間は拘束されます。拘束と言えば拘束なのですが、これが案外、悪い気がせず、逆に気分転換の方法を学んだ気がしました。

「決まった時刻に好きな事がある」と言うのは、生活にリズムを生み出してくれるようです。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

白に気を付けろ

[技術メモ] 2008年5月26日(月曜日) 14:53

HTMLコーディングの罠は白にもあります。今度は、モニタ特性上の罠ではなく、windows設定上の罠。

ブラウザのデフォルト背景色は白ではない

大抵は白なのですが、ブラウザのデフォルト背景色は白ではなく、windowsで「ウィンドウの色」として設定されている色なんです。
windows設定画面
yahoo Japanなどはその色を尊重して、わざと色をつけていないようなのですが、それでも、あれ?と思う部分は少なくありません。
yahooのあれれ

ミスを未然に防ぐ為にも

ミスを視認できるように「ウィンドウの色」をついつい白以外にしてしまうのはHTMLコーダの性でしょうか(ノ∀`)

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

黒に気を付けろ

[技術メモ] 2008年5月25日(日曜日) 21:24

近頃、PCモニタの主流、いやほとんど全ては液晶となりました。TN、VA、IPS、さまざまなタイプのものがあり、また技術進歩も早いようです。そのような中、私のPCモニタは…なお話。

一般的な環境を知っている事

制作側としては、少なからず一般に比し強力な環境が必要となります。私の場合「デュアルモニタ」は譲れません。
しかし同時に、制作者にとって「一般的な環境」を体感で知っている事は、何気に大切なセンスの一つと感じています。あまり「ズパ抜けた環境」ではサイトのインターフェイス感覚も狂ってしまいそうですし。とは言え、近頃では一般の方でもHD環境(横1920ドット)の方が多く、モニタサイズに関しては以前ほどの差はなくなって来ているかもしれません。

液晶の落とし穴

ウェブサイト制作的な、最大の落とし穴はやはり「黒際」ではないでしょうか。
グラデーションサンプル
この画像、
黒は#222222~#000000
白は#dddddd~#ffffff
のグラデーションです。本当です(・ω・)
白の分かりやすさに比べ、黒の判別はなんと難しい事か。流石にグラデーションですと分かりにくいので、それぞれ単色のも用意してみました。
monitor checker
私の場合、デフォルトのモニタ設定ですと、非常に目が疲れてしまいますので、コントラストも光度も下げて使っています。
しかし下げすぎると、全然ダメダメに。最低限?上記の黒の差に「気付ける」程度を基準にしています。

小さな差が大きな差

液晶ですと確かに微妙な差です。ほとんどが液晶モニタの昨今、気にする必要もあまり無いのかもしれません。
しかしこれ、ブラウン管で見ると、本当に全然違う色なのです。それはもう、くっきりはっきりと明確に違う\(^o^)/
技術進歩に伴いPCモニタの性能も底上げされ、これらの違いが再びクッキリと表れる日が訪れるのも、そう遠くはないでしょう。

ブラウン管と液晶が入り乱れた時期には、結構気を使っていましたが、最近気が抜けてるかも(ノ∀`) 自戒せねば

コメントは受け付けていません。

ページトップへ