初帰省

[日常] 2008年8月17日(日曜日) 21:27

子供も1歳を過ぎ、それなりに親戚回りもしています。そんな中、墓のある私の実家へは行けておりませんで、満を持してのお盆帰省。

盆地一望

盆地一望

親戚に人見知り

両親以外はダッコさせて貰えません。キャッキャと笑って遊んで貰った親戚にさえ、ダッコとなると首をブンブン振って拒否。
ふと、妻がどこからか聞きかじってきた「方法」を思い出しました。

  1. 子供を寝かす
  2. 両親が隠れ祖父母のみ
  3. 子供が起きる
  4. 両親が見つからず祖父母を「使って」捜そうとする

つまり、祖父母はダッコができる!!らしいです。コレはやってみねば!と言う訳で、早速実践。
ダッコ自体はソコソコ成功。しかし、当然ながら泣きっぱなしでした(*´д`*)中泣きくらいでしょうか

出先からメールチェック

一応、帰省中は仕事をしなくても良い状態にしていたのですが、万が一に備えリモートデスクトップで自宅機をいじれる体制に。
しかし、土曜夜から繋がらないヽ(・∀・)ノ また雷の様ですねぇ。瞬間停電が有ったようで電源が落ちていましたorz

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

同じ雲を見ていた

[日常] 2008年8月13日(水曜日) 21:19

ネタ投稿サイトのpya!は、私が日々閲覧している面白サイトなのですが、その中の
あんまり綺麗な夕陽だから

どこかで見たような!?……ん?実は私も、同じような事を感じながらパチリとしておりました(・∀・)
これって100年前は感じ得なかった気持ちのあり方なんでしょうね。ネットやデジカメを創った人々や、のほほんと空を見上げられる環境に感謝。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

椋鳥

[日常] 2008年8月12日(火曜日) 20:20

深夜は駅前に陣取っている椋鳥も、なぜか18:00あたりは家から見える距離の電線に。その数が今日は特別多く、散歩がてらについパチリ。ご近所さん情報によると、この時間に集まるのは毎年の事とか。
清掃が行き届いているのか、駅前を含めてここも「糞害」は感じません(改めて見てみると結構汚れていました。駅前は特に……暑い日は香りも……)。しかし、この賑やかさはなんとも(ノ∀`)

椋鳥

椋鳥


奥にも椋鳥

奥にもズラリと

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

ベビーカーを購入

[日常] 2008年8月10日(日曜日) 20:50

いわゆるB型のベビーカーを購入しました。
B型は、通常腰が据わった6ヶ月?位までは使えません。したがって、それまではA型やAB兼用といったものを使います。
B型が本命と思っていたので、6ヶ月までのつなぎとして中古のA型を使っていたのですが、腰の据わりが遅かったり、A型でも大して不便を感じなかったりで、1歳を過ぎてなおA型のまま(ノ∀`)流石に手狭感が漂うようになり、買い替えに至りました。
しかし、ベビーカーというのは選ぶのが難しい。
要素としては

  • 軽さ
  • 丈夫さ
  • 扱いやすさ

なのですが、軽くて扱い安いものはグニャグニャしますし、軽くて丈夫なものは扱いにくかったりで「コレ」と言ったものが見つかりません。結局は、軽さと扱いやすさを若干妥協し、アンブレラ型のものを選択しました。
最終的に購入したのはキューレットミューラー。この手のものとしては珍しく「自立」機能があります。立つとは言っても今にも倒れそうですので、ぶっちゃけアンブレラ型に自立機能は不要なのかなとも。
アンブレラ型、実は最初は選択しから外していました。自立しないし、たたんだ際に前輪が上がり幌や周囲を汚しやすいからです。しかし、丈夫さとソコソコの軽さを考えると、アンブレラ型しか残らないのですよねぇ(´・ω・`)
買ってしまった以上、それと付き合うしかないのですが、なかなかどうして、発明の余地を感じます。

コメントは受け付けていません。

賛否の嵐が吹き荒れるグーグルマップストリートビューですが、コレってプラットホームなのですね。
つまり「何か」を載っけて「みんな」が使ってなんぼのサービス。
うまく回ればさまざまな「レイヤー」が付加される事でしょう。
と言う訳で、

こんなマッシュアップは嫌だ

  • 住宅をクリックすると名前が出て電話やメールが送れる
  • 入居後もなぜか消えない家賃と間取り情報
  • 車をクリックすると車種を自動判別し販売ページへ飛ぶ
  • アマゾンのお気に入りが出る
  • なぜかライバル商店の広告が出る
  • エロいアバターが集まってる
  • 家同士をSNSの実線が結ぶ

こんなマッシュアップが好きだ

  • 20年前にタイムスリップできる
  • タイムカプセルを埋められる
  • 観光情報スレが見られる
  • 出前が取れる
  • 店頭でもネット決済できちゃう
  • 剣と魔法が売っている

アバターや災害掲示板的メッセージ等はどちらにも転べますよねぇ。
いやはや、すんごい世の中になったものです。

コメントは受け付けていません。

歴史が動いた日か

googleマップストリート(例えばこの辺とか)が日本に上陸しました。

あなたの家の表札や駐車場の車のナンバープレート、ベランダのパンツ、しっかり写ってるかも知れませんよ?

時期的に爆弾には例えられませんが、これ、とんでもないです。2008年8月5日良くも悪くも「記念日」となるでしょう。
百利百害。この影響は計り知れません。
ひょっとするとwindows95かそれ以上かもしれません。
雑誌やタウンページが廃れ、それらの「意義」の多くがネットに移って久しいですが、今日から、より多くの「意義」がグーグルに移る可能性を強く感じます。

まさかこの規模でやるとはw

膨大なデータ量、それを作る為のあまりに多大な労力、そしてそれ以上に既存の価値観をぶっ壊す決断。この規模でそれを実行できてしまう組織が有ろうとは。
今日のこの瞬間の価値観からすれば、グーグルストリートは明らかに「やり過ぎ」でしょう。
ひょっとすると年越しを待たずに「妥協」をするかもしれません。例えば考えやすい落としどころとしては「住宅地」を対象から外す等。
しかし、初日にこの規模で始めたのです。これは相当の覚悟。連中は「やる気」満々なのではないでしょうか。百害も百利も考えられるこのサービス。しかし、やるならばナンバーワンでなくては生き残れない構造です。
私も、そしておそらく貴方も、最初はご自宅を確かめてみたのではないでしょうか。ここで、自宅が載っているか否かはこのサービスに対する興味を大きく左右します。
そう、連中はナンバーワンになる為に、あえて「今のモラル」を捨てたのです。

明日の価値観が変わるかもしれない衝撃

とても保守的とは言えない私からみても、明らかに「やり過ぎ」なこのサービス。
しかし、仮に百利を実現できたなら、これは人類の進化といえる程の意味持つことでしょう。そしてその進化が達せられた時、その「新しいモラル」は常識となり、連中の判断は勇気ともてはやされる事でしょう。
善し悪しはさておき、私がそして私の子が、変化し順応せねばならない「次世代」のモラル・価値観は、グーグルストリート的なものなのかも知れません。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ

宝積寺駅

[日常] 2008年8月3日(日曜日) 22:34

本日はプチ帰省。
子供が往復に絶えられないので私だけ先に帰宅(ノ∀`)

有名建築家が手がけたとの宝積寺駅を利用したのでパチリ。
維持性云々はさておき、生活の潤いとでも言いましょうか、「世界」に無料で浸れる贅沢感は強く感じました。

これは今月のスプラッシュにせねば(゜Д゜)

コメントは受け付けていません。

ブログ革命(プチ)2のものを、プラグイン化できましたヽ(・∀・)ノ よくやった俺

JustListと命名

JustListプラグインを使用することで、WordPressに「指定記事を含む各種リストのページへ飛べる」機能を追加できます。例えば、検索エンジン等から単体記事に辿り着いたとします。前後の記事も見たくなりますよね?しかし、標準機能では前後1記事ずつしか辿れません。「リスト」には飛べないのです。

ソース

これでコアファイルを書き換える必要がなくなったぞ(*゚∀゚)=3
wordpress2.6でしか確認しておりませんが、多分2.5.1でも動くと思います。
※追記2.6.1も無変更で動きました

<?php
/*
Plugin Name: JustList
Plugin URI: http://www.denkasi.com/blog/
Feed URI: http://www.denkasi.com/blog/
Description: 指定記事を含むリストを表示します。
Version: 0.0
Author: toaruR
Author URI: http://www.denkasi.com/blog/
*/

$pagewith_where;
$pagewith_join;

function pagewith_posts_where_request($where) {
	global $pagewith_where;
	$pagewith_where = $where;
	return $where;
}
function pagewith_posts_join_request($join) {
	global $pagewith_join;
	$pagewith_join = $join;
	return $join;
}

function pagewith_post_limits_request($limits) {
	global $wpdb,$paged,$pagewith_where,$pagewith_join;
	if (!$_GET['paged']) {
		$pagewith = ereg_replace('[^0-9]+','',$_GET['pagewith']); //ごみを取る
		if ($pagewith) {
			$pagewithby = "AND wp_posts.ID>$pagewith";
			$postCounter = (int) $wpd-->get_var("SELECT COUNT(*) FROM $wpdb-&gt;posts $pagewith_join WHERE 1=1 $pagewith_where $pagewithby");
			//$paged $limit作り直し
			$posts_per_page = get_option('posts_per_page');
			$paged = floor( $postCounter / $posts_per_page ) + 1;
			$pgstrt = ($paged -1) * $posts_per_page;
			set_query_var('paged',$paged);
			$limits = 'LIMIT '.$pgstrt.','.$posts_per_page;
		}
	}
	return $limits;
}

add_action('posts_where_request','pagewith_posts_where_request');
add_action('posts_join_request','pagewith_posts_join_request');
add_action('post_limits_request','pagewith_post_limits_request');

/* pagewith リンクの調整 */
function pagewith_remove_pagenum_link($result) {
	$result = preg_replace('/(\?|\&amp;)pagewith=\d*/','',$result);
	$result = str_replace('/&amp;','/?',$result);
	return $result;
}

add_action('get_pagenum_link','pagewith_remove_pagenum_link');

?>

課題

まだ、そのリストへのリンクを楽に取得できるタグを作っておりません。
従って、実装はスキン(たとえば single.php)に
<?php bloginfo(‘url’); ?>/?pagewith=<?php the_ID(); ?>#post-<?php the_ID(); ?>”>[全体]</a>
等と記述せねばなりません。
また、URLが orderby=rand 等の引数を持つ場合は無効となります。

使用例

今回の拡張で、リストURLに「pagewith=ポストID」を付加することで、ポストIDの記事を含むページが自動的に選択されます。
たとえば、本ブログの87番記事の場合。(なお、この記事への通常のリンクは http://www.denkasi.com/blog/?p=87 です。)

全時系列リストの87番記事を含むページへは

http://www.denkasi.com/blog/?pagewith=87#post-87
との記述になり、(本記事を書いている現在は)8ページ目へ飛びます。

同カテゴリリストの87番記事を含むページへは

http://www.denkasi.com/blog/?cat=20&pagewith=87#post-87
との記述になり、4ページ目へ飛びます。

2008年5月のアーカイブリストの87番記事を含むページへは

http://www.denkasi.com/blog/?m=200805&pagewith=87#post-87
との記述になり、2ページ目へ飛びます。

語句’IE’で検索した結果リストの87番記事を含むページへは

http://www.denkasi.com/blog/?s=IE&pagewith=87#post-87
との記述になり、2ページ目へ飛びます。

実装はテーマ(スキン)次第となりますが、87番記事単体ページに、色々付加することで、直感的なナビゲーションが構築できるはずです。

※Macだと(FireFox3、Safari3で確認)パーマリンクを設定している場合 #post-87 の部分がキャンセルされてしまうようです。

Comments (1)

ページトップへ