[全体] [日常] 各一覧の該当ページへ

十五夜が満月とは限らない

[日常] 2008年9月17日(水曜日) 21:47

ええ、知りませんでしたよ(ノ∀`)私34年間も
9月14日。天気が悪いなりにチラチラと月も見え、コンビニでお団子などを買って名月気分を味わっていました。
妻曰く「なんか丸くないよね?」
色も普段の月です。言われてみると若干欠けているように見えてくるから不思議。

名月は満月とは限らない
によると

お月見といえば「9月の満月」と思いこんでいませんか。しかし、お月見の日、すなわち「中秋の名月」は、10月にずれ込むこともありますし、当日の月は満月ではないことが多いのです。

月の軌道が楕円であることなど、さまざまな理由で「新月から満月」と「満月から新月」までの時間の長さは微妙に違います。「新月から満月」までの時間が長いと、満月が「十七日」なんてこともありえます。

本当でした((((゜д゜;))))
もっとも、普段の月より二回りほど太ったオレンジ色の月には、美しさよりも先に不気味さを感じてしまうのですが……

コメントは受け付けていません。

この投稿へのコメントは受け付けていません。