[全体] [技術メモ] 各一覧の該当ページへ

セキュアページのリンク記述に思う

[技術メモ] 2008年5月22日(木曜日) 21:21

いわゆるSSLのページです。「https」で始まるセキュアなページ。
リンクの書き方でちょっと工夫する必要があるのですが、エレガントな記述方が見つかりません(ノ∀`)

リンクの記述方

セキュアなページ「へ」のリンク

通常のページからセキュアなページへ飛ぶには、リンクをhttpsから始まる絶対パスで記述します。

セキュアなページ「から」のリンク

セキュアなページから通常のページへ飛ぶには、リンクをhttpから始まる絶対パスで記述します。

不都合

  • ローカル環境で確認しにくい
  • 更新直前に書き直す必要が生じる場合が多い
  • 複雑化する

なんだか、必要以上に面倒くさいのです。「必要以上」と言うのは個人的な感覚に過ぎませんが、もっとエレガントな方法を取れば労力を大きく節約できるに違いありません。
おそらく諸悪の根源は、URI(URL)に位置情報であるサーバ名やファイル名だけではなく、通信情報であるポート番号やプロトコル(スキーム)まで含まれていることです。

どうなればエレガントか

プロトコルとパスの指定を分離できれば。例えば、
<a href=”../index.html” by=”http”>トップページへ</a>
などと記述できれば、プロトコル指定が必要で位置を相対指定できない問題が解消されます。
ええ、無いものねだりですとも・゚・(ノД`)・゚・

コメントは受け付けていません。

この投稿へのコメントは受け付けていません。