[全体] [日常] 各一覧の該当ページへ

覚悟だけでは意味がないか

[日常] 2008年5月19日(月曜日) 14:37

育児の話です。
妻の懐妊から出産までの間に、大体の覚悟はしたつもりでしたし今もしています。何がどうあってどうなろうと、その辺は受け止める。人様に深く聞いたことはありませんが、おそらく、世の中ほとんどの親御さんがそうなのではないかなと感じます。

成長が遅いなガハハ

どうも、成長が遅いです。私自身、運動神経が鈍いので、我が子よお前もかガハハなどとマッタリしておりました。
しかし、これ、親としての精神衛生的な部分こそ、健全なのかもしれませんが「受け止める」と言うのとはまたチョット違うのかなと。

受け入れるだけでは

当然、受け入れる入れないと言う選択肢は存在さえしません。「受け入れる」一択です。それが覚悟です。しかし「来た球を打つ」だけで良いのでしょうか。ええ、もっとできることがあり、それをすべきなんですね。

現状を正しく理解する

  • 受けられる検査はできるだけ受ける
  • 可能性を把握して、できる事を知っておく
  • できることをする

覚悟は当然大切なのですが、それだけでは意味が無い。リスクを受け入れる覚悟だけでは、結果は変わりません。
与えられたカードで勝負するにも、まずはカードを正確に把握する必要があるんですね。全く当然の事です。

いやはや、成長させられます。

コメントは受け付けていません。

この投稿へのコメントは受け付けていません。