[全体] [日常] 各一覧の該当ページへ

子供が仕事部屋に来たがる

[日常] 2008年5月17日(土曜日) 10:16

近頃、まだ歩けもしない我が家の乳児が、抱っこしてくれ、あちらへ進んでくれと指図します。
そのような中、希望が多いのが「仕事部屋」。キーボードを叩き、目薬やスティック糊を投げ、書類もポイポイ。

理由は何?

それなりに楽しそうですが、珍しいものが特に多いとも思えないこの部屋、このつまらない部屋に来たがる理由はなんなのでしょう。

  • 単純に過ごす時間が短い部屋
  • 他の部屋より明らかに雑然とした部屋
  • 父親が入り浸る秘密の部屋

なるほど、改めて考えてみると確かに引力がありそうです。

どうしましょう

さて、この引力をどう使いましょうか。

方向1:部屋に来ない様に

危ないものも無くはありませんし、ケーブルを抜かれても困ります。また、仕事中に居られると目も届きにくくなり、何かと大変そう。とは言え、来るなと言われる程に行きたくなるのが性ですし、最悪、トラウマを作ってしまっては元も子もありません。

方向2:働く事は楽しい事と言う意識を

仕事部屋は楽しい部屋。仕事は楽しい事。働く事、勉強する事は楽しい事。そんな感覚を持たせる事が出来ればそれは一つの理想形です。でも…楽しい「スティック糊」で釣るのはなんか違いますよね(ノ∀`)

結局

グチは最低限にし「仕事は楽しいんだぜベイベー」な雰囲気作りに勤しもうかと思いました。

コメントは受け付けていません。

この投稿へのコメントは受け付けていません。