[全体] [自分ルール] 各一覧の該当ページへ

レバが足りない!?

[自分ルール] 2008年4月25日(金曜日) 20:56

レバレッジ:テコ を効かせる。 生産性の比例的向上ではなく、1の労働で何倍もの対価を得られる働き方。
どうも、私の生き方にはレバレッジが足りない。同時に心のどこかにレバレッジの効かせる事に躊躇があります。

結論

少なくとも個人の範囲では、レバを効かせる事を躊躇すべきではない。
また、無理してまでレバを効かせることに拘る必要もない。
むしろ、足りないのは絶対量\(^o^)/

是非

政体レベルで考えるなら、おそらく累進性のさじ加減次第。低すぎれば誰も改善しなくなり、高すぎれば食い詰める敗者が増えます。
アメリカ的には、徴税による累進性ではなく勝者自身の手による奉仕で成されるのでしょうか。

個人レベルなら、世の中への還元は儲けてからでも充分できそうです。 従って、儲かる前から是非を考えるのはナンセンスか。

要素

できるだけ要素として純粋な部分を抽出してみました。
例えば経営やコンサル等、多くの職は様々な要素を含んでいますし、ソフトウェア等は保守性の悪さと相殺されることもありそうです。

  1. 複製性(コピーして売れるものを作る
    • 知的財産・映画、歌、小説・手法・ソフトウェア
  2. 保守性(維持が楽
    • 映画、歌、小説
  3. 統率性(大勢を導く
    • 企業経営
    • FC経営
  4. 信用創造性(胴元、リスクを商う
    • 保険、金融
  5. 新奇性(発明、リスクへの挑戦
    • 開拓者、挑戦者
    • パイを創る
  6. 希少性(ブラックジャック
    • オンリーワン。ナンバーワン。
    • オークション的?
  7. その他
    • 歴史的経緯で何となく。比率で手数料を取る証券会社等。

5以降はレバ的要素とは言い難いか。

考察

  • 狡さとレバを効かせる事は別の軸
  • 全員が全員レバを意識した働き方をする訳にはいかない
  • 逆にほとんどの仕事には多少なりともレバ的要素が絡んでいる
  • 個人の範囲では、比例的に生産性を上げる方法でも充分豊かに成れそう

 

コメントは受け付けていません。

この投稿へのコメントは受け付けていません。